本文へ

ようこそ栃木県上三川町へ

ホームくらしの便利帳/くらし企業の方へ中小企業信用保険法第2条第5項の認定(セーフティネット保証制度)

中小企業信用保険法第2条第5項の認定(セーフティネット保証制度)

更新日:平成26年10月7日

制度の趣旨

この制度は、業績の悪化、取引先金融機関の破綻等により経営の安定に支障を生じている中小企業について、一般保証の限度額とは別枠で保証を行う制度です。

対象となる中小事業者

取引先等の再生手続等の申請や事業活動の制限、災害、取引金融機関の破綻等により経営の安定に支障を生じている中小企業者で、中小企業信用保険法第5項のいずれかに該当する中小事業者です。(1号から8号まであり、そのうち、本町の事業者が多く関係するものについて掲載します。なお、詳しくは中小企業庁のホームページ等で確認してください。)

申請書等の提出方法

産業振興課商工振興係まで直接提出してください。

認定の種類

5号:原材料価格高騰対応緊急等保証制度

原材料価格の高騰により経営環境が悪化し、必要事業資金の円滑な調達に支障をきたしている中小企業者を支援するための措置。行っている事業と指定業種の関係により下記の@〜Bに分けられます。業種によって申請書の様式が異なりますので、申請の際にはご注意ください。

@1つの指定業種に属する事業のみを行っている、又は兼業者(※1)であって、行っている事業すべてが指定業者に属する。
A兼業者であって主たる事業(※2)が指定業種に該当する。
B兼業者であって1つ以上の指定業種(主たる業種かどうかは問わない)に属する事業を行っている。

※1:兼業者とは、2以上の再分類事業に属する事業を行っている中小企業をいう。
※2:主たる事業とは、最近1年間の売上高等が最も大きい事業をいう。

【対象中小事業者】

(イ)経済産業大臣の指定した「不況業種」に属する事業を営んでおり、最近3か月間の売上高等が前年同期比で5%以上減少している中小企業者。

 

(ロ)経済産業大臣の指定した「不況業種」に属する事業を営んでおり、次の@〜Bの3つの要件をすべて満たしている中小企業。

(1)
最近1か月の原油等の平均仕入単価が、対応する前年同月の原油等の平均仕入単価より20%以上上昇していること。
(2)
最新の売上原価に占める原油等仕入価格の割合が20%以上であること。
(3)
最近3か月の売上高に占める原油等の仕入価格の割合が、前年同3か月の売上高に占める原油等の仕入価格の割合を上回っていること。

 

【添付書類】

  1.申請書(数値は切捨てで計算)
  2.売上高の分かる書類
  3.事業所所在地が確認できる書類(登記簿謄本の写し等)

このページのトップへ