○上三川町消費生活センターの組織及び運営等に関する条例施行規則

平成28年3月25日

規則第11号

(名称及び位置)

第2条 消費生活センターの名称及び位置は、次のとおりとする。

(1) 名称 上三川町消費生活センター

(2) 位置 上三川町しらさぎ一丁目1番地 上三川町役場内

(業務)

第3条 消費生活センターは、次に掲げる業務を行うものとする。

(1) 消費生活に関する相談及び苦情(以下「相談等」という。)の処理に関すること。

(2) 消費生活に関する知識の普及及び情報の提供に関すること。

(3) 消費生活に関する調査及び収集に関すること。

(4) 前各号に掲げるもののほか、消費生活の安定向上に関すること。

(開設日及び開設時間)

第4条 消費生活センターの開設日は、月曜日から金曜日までとする。ただし、上三川町の休日を定める条例(平成元年上三川町条例第3号)に規定する本町の休日を除く。

2 前項の開設日における消費生活センターの開設時間は、午前9時から正午まで及び午後1時から午後4時までとする。

(消費生活センター長)

第5条 消費生活センター長は、産業振興課長をもって充てる。

(消費生活相談員)

第6条 消費生活相談員は、町長が任用する。

2 消費生活相談員の任期は、1年以内とする。ただし、再任を妨げない。

(消費生活相談員の報酬等)

第7条 消費生活相談員は、地方公務員法(昭和25年法律第261号)第3条第3項第3号に規定する非常勤の特別職職員とし、報酬及び費用弁償は、特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例(昭和35年上三川町条例第6号)に定めるところによる。

(消費生活相談員の服務)

第8条 消費生活相談員は、その職務の遂行に当たっては、消費生活センター長の管理監督の下、業務を適正かつ効率的に処理しなければならない。

2 消費生活相談員は、相談等の処理に当たっては、相談者の人権を尊重するとともに、常に厳正公平に努めるものとする。

3 消費生活相談員は、職務上知り得た個人情報その他の情報を他に漏らしてはならない。また、その職を退いた後も同様とする。

(相談等の方法)

第9条 相談等の方法は、来所、電話、文書等で行うものとする。

(相談等の記録)

第10条 消費生活相談員は、相談等の内容及び処理の結果その他必要な事項を記録し、これを保管しなければならない。

2 前項の記録の保存年限は、5年とする。ただし、保存すべき期間が5年以上必要と判断される場合は、この限りでない。

(庶務)

第11条 消費生活センターに関する庶務は、産業振興課において処理する。

附 則

この規則は、平成28年4月1日から施行する。

上三川町消費生活センターの組織及び運営等に関する条例施行規則

平成28年3月25日 規則第11号

(平成28年4月1日施行)