○上三川町がんばろう“とちぎの農業”緊急支援資金利子補給補助金交付要綱

平成26年3月28日

告示第22号

(趣旨)

第1条 この要綱は、農業協同組合又は金融機関(以下「農業協同組合等」という。)が、がんばろう“とちぎの農業”緊急支援資金利子補給費補助金交付要領(平成23年4月8日経流第28号。以下「栃木県要領」という。)に基づき行う融資(以下「融資」という。)に対し、上三川町がんばろう“とちぎの農業”緊急支援資金利子補給補助金(以下「利子補給」という。)を交付することについて、上三川町補助金等基本条例(平成20年上三川町条例第9号。以下「条例」という。)に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(補助率)

第2条 利子補給は、毎年1月1日から6月30日までの期間及び7月1日から12月31日までの期間ごとに、その期間内における融資残高(延滞額を除く。)に対し、年利1.5パーセントの利率で計算した額とする。

(利子補給契約)

第3条 利子補給の交付については、町と農業協同組合等との間でがんばろう“とちぎの農業”緊急支援資金の融通に関する利子補給契約書(別記様式第1号)を締結して行うものとする。

(補助金の交付の申請)

第4条 利子補給の交付を受けようとする農業協同組合等は、上三川町補助金等基本条例施行規則(平成20年上三川町規則第17号。以下「規則」という。)第11条に規定する補助金交付申請書に次に掲げる書類を添えて町長に提出しなければならない。

(1) 事業計画書(規則別記様式第8号)

(2) 収支予算書(規則別記様式第9号)

(3) がんばろう“とちぎの農業”緊急支援資金利子補給計算書(別記様式第2号)

(4) その他町長が必要と認める書類

2 農業協同組合等は、前項の補助金の交付の申請を1月1日から6月30日までの期間における利子補給については7月10日までに、7月1日から12月31日までの期間における利子補給については1月10日までに町長に提出しなければならない。

(報告及び検査)

第5条 農業協同組合等は、毎月ごとの融資実行状況をがんばろう“とちぎの農業”緊急支援資金融資実行報告書(別記様式第3号)により翌月5日までに町長に報告しなければならない。

2 農業協同組合等は、毎四半期ごとの融資残高移動状況をがんばろう“とちぎの農業”緊急支援資金融資移動報告書(別記様式第4号)により翌月5日までに町長に報告しなければならない。

3 町長は、農業協同組合等に対し融資にかかる必要な事項についての報告をさせ、又は検査をすることができる。

4 町長は、前項の検査又は栃木県知事が行う検査において融資が不当であると認めたときは、農業協同組合等に対し利子補給の全部又は一部を取消すことができる。

5 町長は、前項の利子補給の交付の決定を取り消した場合において、その取消しにかかる部分について既に利子補給が交付されているときは、期限を定めてその返還を命ずることができる。

(管理義務)

第6条 町長は、融資を行う農業協同組合等に対し、次に掲げる措置を講じさせなければならない。

(1) 災害等により損失を受けた農漁業者であるかどうかを、栃木県要領第9条第1号で規定するところにより、内容を検討の上貸付けを行うこと。

(2) 貸付金が目的外に使用されることを防止するため、貸付金を一度その者の別段預金に振り替え、必要の都度、その使途を確認の上使用させるものとし、現金払出しの場合は使途を証する書類を徴すること。

(3) 貸付実行後、借入者において貸付金の不要額が生じたときは、速やかに繰上償還を行わせること。

(4) 貸付対象にかかる関係書類及び証ひょう等の整備保管をすること。

附 則

1 この要綱は、平成26年4月1日から施行する。

2 この要綱は、平成32年3月31日限り、その効力を失う。

画像画像

画像

画像

画像

上三川町がんばろう“とちぎの農業”緊急支援資金利子補給補助金交付要綱

平成26年3月28日 告示第22号

(平成26年4月1日施行)