○上三川町こんにちは赤ちゃん訪問事業実施要綱

平成20年3月31日

告示第24号

(目的)

第1条 この要綱は、乳児のすこやかな成長を願い、養育者を支援するため、出生届や健康診査等の機会を活用し「上三川町こんにちは赤ちゃん訪問事業」(以下「事業」という。)の周知を図るとともに、事業に必要な情報の収集や家庭訪問を行い、養育者の不安や悩みを解消することによって、安定した乳児養育を可能にすることを目的とする。

(対象)

第2条 本町に住所を有する生後4か月までの乳児のいるすべての家庭を対象とする。

(事業を行う者)

第3条 事業は、次の者が行うものとする。

(1) 町職員

(2) 保健師

(3) 助産師

(4) 町長が認めた子育て経験者

(訪問の時期)

第4条 訪問は、生後4か月までの間とする。ただし、健康診査や保健指導等により親子の状況が確認でき、対象家庭の都合等により生後4か月を経過して訪問する場合は、少なくとも生後4か月経過後1か月以内に訪問するものとする。

(訪問の回数)

第5条 訪問の回数は、原則として1家庭1回とする。

(事業の内容)

第6条 事業の内容は、次に掲げるものとする。

(1) 育児に関する不安や悩みの聴取及び相談

(2) 子育てに関する情報提供

(3) 要支援家庭に対する提供サービスの検討及び関係機関との連絡調整

(4) 若年の養育者に対する育児相談及び指導

(報告)

第7条 訪問を行った職員等は、速やかに、新生児訪問・こんにちは赤ちゃん訪問記録票(別記様式1)又はこんにちは赤ちゃん訪問記録票(別記様式2)を町長に提出しなければならない。

(関係機関との連携)

第8条 事業の結果、支援の必要があると思われる家庭に対しては、関係機関との連携を図り、適切なサービスの提供に結びつけ、乳児期の育児家庭の支援を行うものとする。

(補則)

第9条 この要領に定めるもののほか、必要な事項は町長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成20年4月1日から適用する。

画像

画像

上三川町こんにちは赤ちゃん訪問事業実施要綱

平成20年3月31日 告示第24号

(平成20年4月1日施行)