○上三川町介護認定調査員設置条例

平成11年6月17日

条例第14号

(設置)

第1条 介護保険法(平成9年法律第123号)第27条又は同法第32条に規定する被保険者の要介護認定及び要支援認定に係る調査又はこれに付随する事務の円滑な運営を図るため、上三川町介護認定調査員(以下「調査員」という。)を置く。

(職務)

第2条 調査員は、おおむね次に掲げる職務を行う。

(1) 要介護認定及び要支援認定に係る調査に関すること。

(2) 介護保険制度の啓発に関すること。

(3) その他要介護認定及び要支援認定に係る調査に関し必要な事項

(任命)

第3条 調査員は、看護師、保健師又は介護支援専門員の資格を有し、かつ、心身ともに健全でこの事務に必要な適性を有すると認められめる者から町長が任命する。

2 調査員の任期は、2年以内とする。

3 調査員は、再任することができる。

(身分)

第4条 調査員は、非常勤の特別職とする。

(報酬及び支給方法)

第5条 調査員の報酬は、日額12,500円とする。

2 調査員の報酬は、月の初日から末日までの間における勤務日数により計算した総額を翌月10日に支給する。ただし、その日が日曜日、土曜日又は国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日(以下この項において「日曜日等」という。)に当たるときは、その日後において、その日に最も近い日曜日等でない日に支給する。

(補則)

第7条 この条例に定めるもののほか、調査員に関し必要な事項は、町規則で定める。

附 則

この条例は、平成11年10月1日から施行する。

附 則(平成11年条例第30号)

(施行期日等)

1 この条例中第1条の規定は公布の日から、第2条の規定は、平成12年4月1日から施行する。

2 第1条の規定による改正後の上三川町介護認定調査員設置条例(以下「改正後の条例」という。)の規定は、平成11年4月1日から適用する。

(期末手当の額の特例)

3 平成11年12月に第1条の規定による改正前の上三川町介護認定調査員設置条例第6条の規定に基づいて支給される調査員の期末手当の額が、改正後の条例第6条の規定に基づいてその者が同月に支給されることとなる期末手当の額を超えるときは、同月に支給されるべきその者の期末手当の額は、同条第2項の規定にかかわらず、その差額を同条の規定に基づいて支給されることとなる期末手当の額に加算した額とする。

4 前項の規定の適用を受ける者の平成12年3月に支給されることとなる期末手当の額は、改正後の条例第6条第2項の規定にかかわらず、同条の規定に基づいてその者が同月に支給されることとなる期末手当の額から前項の規定に基づいて加算して支給された額に相当する額を控除した額とする。

附 則(平成12年条例第48号)

(施行期日等)

1 この条例は、公布の日から施行し、改正後の上三川町介護認定調査員設置条例(以下「改正後の条例」という。)の規定は、平成12年4月1日から適用する。

(期末手当の額の特例)

2 平成12年12月にこの条例による改正前の上三川町介護認定調査員設置条例第6条の規定に基づいて支給される調査員の期末手当の額が、改正後の条例第6条の規定に基づいてその者が同月に支給されることとなる期末手当の額を超えるときは、同月に支給されるべきその者の期末手当の額は、同条第2項の規定にかかわらず、その差額を同条の規定に基づいて支給されることとなる期末手当の額に加算した額とする。

3 前項の規定の適用を受ける者の平成13年3月に支給されることとなる期末手当の額は、改正後の条例第6条第2項の規定にかかわらず、同条の規定に基づいてその者が同月に支給されることとなる期末手当の額から前項の規定に基づいて加算して支給された額に相当する額を控除した額とする。

附 則(平成13年条例第10号)

この条例は、平成13年4月1日から施行する。

附 則(平成14年条例第18号)

この条例は、公布の日から施行し、改正後の上三川町介護認定調査員設置条例の規定は、平成14年3月1日から適用する。

附 則(平成17年条例第16号)

この条例は、平成17年4月1日から施行する。

上三川町介護認定調査員設置条例

平成11年6月17日 条例第14号

(平成17年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第2章 険/第2節 介護保険
沿革情報
平成11年6月17日 条例第14号
平成11年12月15日 条例第30号
平成12年12月18日 条例第48号
平成13年3月16日 条例第10号
平成14年3月8日 条例第18号
平成17年3月9日 条例第16号