○上三川町保育所設置条例施行規則

平成10年3月23日

規則第8号

(目的)

第1条 この規則は、上三川町保育所設置条例(昭和40年上三川町条例第8号)第3条の規定に基づき、保育所の管理その他の細目について定めることを目的とする。

(施設の目的)

第1条の2 保育所は、保育を必要とする児童のために、保育の提供を円滑に行うことを目的とする。

(運営の方針)

第1条の3 保育所の運営方針は、良質かつ適切な内容及び水準の保育の提供を行うことにより、全ての児童が健やかに成長するために適切な環境を等しく確保できるよう努めるものとする。

(提供する保育の内容)

第2条 保育所の保育内容は、子ども・子育て支援法(平成24年法律第65号。以下「法」という。)、児童福祉法(昭和22年法律第164号)及びその他関係法令を遵守し、保育所保育指針(平成20年厚生労働省告示第141号)及び保育所保育指針第4章の規定による保育課程に沿って、児童の発達に必要な保育を提供する。

(利用定員)

第3条 保育所の定員は、次の表のとおりとする。

名称

0歳児

1歳児及び2歳児

満3歳以上の小学校就学前児童

大山保育所

0人

30人

60人

(開所時間)

第4条 保育所の開所時間は、午前7時30分から午後6時30分までとする。

2 所長は、変更の事由が生じたときは、前項の規定にかかわらず、これを臨時に変更することができる。

(保育時間)

第5条 保育所の保育時間は、次に掲げる区分に応じ、当該各号に定める時間とする。

(1) 保育標準時間 午前7時30分から午後6時30分まで

(2) 保育短時間 午前8時30分から午後4時30分まで

2 町長は、前項各号に定めるもののほか保育上必要があり、かつ、やむを得ない理由があると認めるときは、保育時間を変更することができる。

(延長保育料)

第5条の2 保護者は、入所している児童が延長保育を利用した場合、上三川町立大山保育所延長保育実施要綱(平成24年上三川町告示第29号)第9条の規定により定められた費用を支払うものとする。

(休日)

第6条 保育所の休日は、次のとおりとする。

(1) 日曜日、国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日

(2) 12月29日から翌年の1月3日まで

(3) 国又は町の行事の行われる日で町長の指定する日

(利用の開始に関する次項)

第6条の2 保育所の入所に際し、法第20条に規定する支給認定(以下「支給認定」という。)を受けた児童は、居住する市区町村から利用調整を受けるものとする。

(利用の終了に関する事項)

第6条の3 入所した児童が次のいずれかに該当するときは、保育の提供を終了するものとする。

(1) 法第24条の規定により、保護者の居住する市区町村が支給認定を取り消したとき。

(2) 保護者から保育所退所の申出があったとき。

(3) その他、利用継続において重大な支障又は困難が生じ、町長が必要と認めたとき。

(日課及び行事)

第7条 保育所の日課及び行事は、次のとおりとする。

(1) 日課健康状態の観察、個別検査、リズム教育、午すい、自由遊び、音楽、お話、絵画製作、自由観察、劇遊技、その他の保育

(2) 行事まつり行事、遠足、運動会その他の行事

(給食)

第8条 保育所に入所した児童に対しては、保育給食を行うものとする。

2 保育給食の日数は、毎月25日を標準とし、かつ、1日2回とする。

(職員)

第9条 保育所に次の職員をおく。

所長

保育士

調理師

公仕

2 所長は、上司の命を受けて保育所の管理に関する事務を掌理し、常にその運営が円滑に行われるように努めなければならない。

3 保育士、調理師、公仕は、上司の命をうけて担任する業務を司る。

(嘱託医)

第10条 前条に定める職員のほか、児童の医務に当らせるため、嘱託医をおく。

(保護者との連絡)

第11条 所長及び保育士は、常に保護者と密接な連絡をとり、児童の保育方針、栄養状態等につきその理解と協力を得るよう努めなければならない。

(緊急時における対応方法)

第11条の2 保育所長は、保育の提供中に、入所する児童の健康状態の急変、その他緊急事態が生じたときは、速やかに入所する児童の家族等に連絡するとともに、嘱託医又は入所する児童の主治医に相談する等の必要な措置を講じるものとする。

2 保育所長は、保育の提供により事故が生じた場合は、主管課長及び保護者に連絡するとともに、必要な措置を講じるものとする。

3 町長は、入所した児童に対する保育の提供により賠償すべき事故が生じた場合には、速やかに損害賠償を行うものとする。

(非常災害対策)

第11条の3 町長は、非常災害に関する具体的な計画を立て、防火管理者を定め、非常災害時の関係機関への通報及び連携体制を整備し、それらを定期的に職員に通知するとともに、毎月1回以上避難及び救出その他必要な訓練を実施する。

(虐待の防止のための措置)

第11条の4 町長は、入所している児童の人権擁護及び虐待防止のために、次の措置を講ずるものとする。

(1) 人権擁護及び虐待防止に関する必要な体制の整備

(2) 職員による児童に対する虐待行為の禁止

(3) 虐待防止及び人権に関する啓発のための職員に対する研修の実施

(4) その他虐待防止のために必要な措置

2 保育所長は、保育の提供中に、職員又は保護者等による虐待を受けたと思われる児童を発見した場合は、速やかに、児童虐待の防止等に関する法律(平成12年法律第82号)の規定に従い、主管課長及び児童相談所その他適切な機関に通告する。

(保育相談)

第12条 所長及び保育士は、その行う保育に支障がない限りにおいて、乳児、幼児等の保育に関する相談に応じ、助言を行うよう努めなければならない。

(報告)

第13条 所長は、毎月10日までにその前月分の保育児童及び保護者の住所氏名を別に定める様式により、町長に報告しなければならない。

(庶務)

第14条 保育所に勤務する職員の服務、庶務細目及び備付ける帳簿その他の書類は、法令に特別の定めがあるものを除くほか、町役場の例による。

附 則

この規則は、平成10年4月1日から施行する。

附 則(平成11年規則第2号)

この規則は、平成11年4月1日から施行する。

附 則(平成13年規則第35号)

この規則は、公布の日から施行する。ただし、第4条の改正規定は平成14年4月1日から施行する。

附 則(平成19年規則第23号)

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成20年規則第31号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成22年規則第2号)

この規則は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成24年規則第7号)

この規則は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成27年規則第19号)

この規則は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成29年規則第17号)

この規則は、平成29年4月1日から施行する。

上三川町保育所設置条例施行規則

平成10年3月23日 規則第8号

(平成29年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第2節 児童・母子福祉
沿革情報
平成10年3月23日 規則第8号
平成11年2月19日 規則第2号
平成13年12月14日 規則第35号
平成19年3月30日 規則第23号
平成20年12月1日 規則第31号
平成22年3月19日 規則第2号
平成24年3月23日 規則第7号
平成27年3月27日 規則第19号
平成29年3月24日 規則第17号