○上三川町立図書館処務規則

昭和58年3月8日

教委規則第2号

(目的)

第1条 この規則は、上三川町立図書館設置条例(昭和58年上三川町条例第2号。以下「条例」という。)並びに上三川町立図書館運営規則(昭和58年上三川町教育委員会規則第1号)において定めるもののほか、上三川町立図書館(以下「図書館」という。)の事務の処理について必要な事項を規定し、その組織的、能率的運営を図り、もって図書館奉仕の機能の達成に資することを目的とする。

(職員)

第2条 条例第3条の規定により図書館に次の職員を置く。

(1) 図書館長

(2) 係長

(3) 司書

(4) その他の職員

(職務)

第3条 図書館長(以下「館長」という。)は、教育長の名を受けて館務を掌理し、所属職員を指揮監督する。

2 係長は、上司の命を受け係の事務を処理する。

3 司書、その他の職員は、上司の命を受け、分掌事務を処理する。

(事務分掌)

第4条 図書館の事務分掌は、次のとおりとする。

(1) 文書の収受、発送、保管及び公印に関すること。

(2) 予算、経理及び物品管理に関すること。

(3) 施設、設備の維持管理に関すること。

(4) 関係機関との連絡に関すること。

(5) 図書館資料の提出及び貸出に関すること。

(6) 図書館資料の受入、保存及び除籍に関すること。

(7) 図書館資料の整理、修理及び製本に関すること。

(8) 読書相談及び参考調査に関すること。

(9) 貸出文庫、移動図書館に関すること。

(10) 読書団体との連絡及び援助に関すること。

(11) 図書館協議会に関すること。

(12) 図書館運営の企画、広報に関すること。

(13) その他、図書館活動に関すること。

(意見具申)

第5条 館長は、次の事項につき教育長に意見を具申することができる。

(1) 図書館に関する条例、規則の制定又は改廃に関すること。

(2) 職員の人事に関すること。

(3) 予算に関すること。

(4) その他、重要な事項

(館長の先決事項)

第6条 館長は、次の事項を専決することができる。

(1) 図書館運営規則の実施に関すること。

(2) 図書館資料の選択、収集及び廃棄処理に関すること。

(3) 軽易な事項についての通達、申請、届出、報告、照会、回答に関すること。

(4) 図書館職員の管内出張及び2日以内の出張命令に関すること。

(5) 図書館職員の引き続き、2日以内の年次休暇及び遅参、早退の承認に関すること。

(6) 図書館職員の時間外勤務、休日勤務の命令及び、認定に関すること。

(7) 図書館職員の事務分掌に関すること。

(8) その他前各号に準ずる軽易な事項

(承認による専決事項)

第7条 館長は、前条の規定により、その専決事項とされていない事項であっても、その性質が軽易に属し、これに準じてよいと認められるものは、あらかじめ教育長の承認を得て専決することができる。

(専決事項の報告)

第8条 館長は、専決した事項のうち、特に上司において了知しておく必要があると認められるものについては、適宜その内容を整理して上司に報告しなければならない。

附 則

この規則は、昭和58年4月1日から施行する。

附 則(平成9年教委規則第3号)

この規則は、公布の日から施行する。

上三川町立図書館処務規則

昭和58年3月8日 教育委員会規則第2号

(平成9年10月1日施行)

体系情報
第7編 育/第3章 社会教育
沿革情報
昭和58年3月8日 教育委員会規則第2号
平成9年10月1日 教育委員会規則第3号