○上三川町公民館設置等に関する条例施行規則

昭和48年5月26日

教委規則第3号

(趣旨)

第1条 この規則は、上三川町公民館設置等に関する条例(昭和48年上三川町条例第21号。以下「条例」という。)第9条の規定に基づき、条例の施行について必要な事項を定めるものとする。

(公民館運営の方針)

第2条 公民館は、社会教育法(昭和24年法律第207号)及び条例に基づき住民の意見を尊重して運営しなければならない。

(職員)

第2条の2 公民館に館長、その他必要な職員を置く。

(開館時間)

第2条の3 公民館の開館時間は、午前9時から午後9時までとする。ただし、日曜日については午後5時までとする。

(休館日)

第2条の4 公民館の休館日は、次のとおりとする。

(1) 毎週月曜日

(2) 毎月第3日曜日

(3) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日(当該日が第1号に掲げる日に当たるときは、その翌日)

(4) 年末年始(12月28日から翌年1月4日まで)

2 館長は、前項の規定にかかわらず公民館の運営管理上、特に必要がある場合は、臨時に休館し、又は休館日を変更することができる。

(使用の許可申請)

第3条 条例第4条の規定により公民館の使用許可を受けようとする者は、公民館使用許可申請書(別記様式第1号)を提出しなければならない。

(使用の許可)

第4条 教育委員会は、前条の申請に基づいてこれを許可したときは、使用許可書(別記様式第2号)を交付するものとする。

(遵守事項)

第5条 公民館使用の許可を受けた者(以下「使用者」という。)は、条例及びこの規則を守るほか、次の各号に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 許可なく使用許可以外の室又は設備若しくは器具を使用しないこと。

(2) 許可なく、火気を使用しないこと。

(3) 収容定員を超えて収容しないこと。

(4) 許可なく館内において物品の販売、飲食物の提供をしないこと。

(5) 危険若しくは不潔の物品又は動物を持込まないこと。

(6) 前各号に定めるもののほか、公民館長の指示に従うこと。

2 使用者は、使用前に館長に使用方法、その他の必要事項等についてあらかじめ打合せをしなければならない。

(職員の立入)

第6条 使用者は、公民館職員が管理上必要があってその会場に立入する場合は、これを拒むことができない。

(施設、設備の汚損等の届出)

第7条 使用者は、公民館の施設、設備を毀損、若しくは汚損したときは、直ちに館長に届け出てその指示を受けなければならない。

(損害賠償)

第8条 公民館の工作物、備品等を故意に減少し、破損し、又は汚損したものは現品又は館長の定める金額を賠償しなければならない。

(使用完了の届)

第9条 使用者は、その使用が終ったときは、館長に使用完了届(別記様式第3号)を提出し、点検を受けなければならない。

(使用料の納入)

第10条 条例第7条の規定による使用料の納入は、上三川町財務規則(平成10年上三川町規則第16号)に基づき納入しなければならない。

(使用料の減免)

第11条 条例第7条第2項の規定により使用料の減免を受けようとするものは、公民館使用料減免許可申請書(別記様式第4号)を教育委員会に提出しなければならない。

2 前項の申請に対する許可は、公民館使用料減免許可書(別記様式第5号)の交付により行う。

3 条例第7条第2項の規定により使用料を減免する場合において、その減免の額に5円未満の端数があるときはこれを切り捨て、5円以上10円未満の端数があるときはこれを10円に切り上げるものとする。

(館長)

第12条 館長は、非常勤とすることができる。ただし、その任期は1年とし、再任を妨げない。

2 館長は、教育長の命を受け、館務を掌理し、所属職員を指揮監督する。

3 館長は、出張、休暇、時間外勤務、職務専念義務の免除については教育長の承認を受けなければならない。

(専決事項)

第13条 館長は、次の各号に掲げる事務を専決する。

(1) 公民館の使用許可に関すること。

(2) 公民館の使用料を徴するか否かの判定に関すること。

(3) 公民館職員の管内出張及び2日以内の出張命令に関すること。

(4) 公民館職員の引き続き、2日以内の年次休暇及び遅参、早退の承認に関すること。

(5) 公民館職員の時間外勤務、休日勤務の認定に関すること。

(6) 公民館職員の勤務日の割振りに関すること。

(7) 公民館職員の職務分掌に関すること。

(休日勤務)

第14条 館長は、館務の都合上休日又は勤務を要しない日に勤務を命ずることができる。

2 館長は前項の休日勤務を命じたときは、その翌日から4週間以内に当該職員に代休を与えることができる。

(副館長)

第15条 公民館に副館長をおくことができる。副館長は、館長を補佐し、館長事故あるとき又は欠けたときはその職務を代理する。

2 館長、副館長ともに不在その他の理由によって事務処理ができないときは、あらかじめ公民館長の指定する職員がその事務を代行する。ただし、特に重要異例な事項又は疑義のある事項についてはこの限りでない。

(意見具申)

第16条 館長は、所属職員の任免につき教育委員会に意見を具申することができる。

(維持管理)

第17条 館長は、教育委員会の定めるところにより公民館の施設、設備を管理する。

(備付簿冊等)

第18条 館長は、公民館に次の帳簿を備え付け、常にこれを整理しておかなければならない。

(1) 公民館沿革誌

(2) 公民館施設簿

(3) 備品出納簿

(4) 図書台帳

(5) 寄附物品簿

(公民館運営審議会)

第19条 上三川町公民館運営審議会(以下「審議会」という。)に委員長及び副委員長2人を置き、委員の互選によって定める。

2 委員長は、会務を処理し、会議の議長となり、審議会を代表する。

3 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故あるとき又は欠けたときは、あらかじめ定めた順位によりその職務を代理する。

4 委員長及び副委員長の任期は、委員の任期による。

5 委員は、館長から諮問を受けた特定の事項について審議し、かつ、事業の執行に協力し、助言と指導を与えることができる。

附 則

この規則は、昭和48年6月1日から施行する。

附 則(昭和57年教委規則第4号)

この規則は、昭和57年7月1日から施行する。

附 則(昭和60年教委規則第3号)

この規則は、昭和60年4月1日から施行する。

附 則(平成元年教委規則第2号)

この規則は、平成元年4月1日から施行する。

附 則(平成6年教委規則第3号)

この規則は、平成7年1月1日から施行する。

附 則(平成12年教委規則第2号)

この規則は、平成12年4月1日から施行する。

附 則(平成12年教委規則第5号)

この規則は、平成12年4月1日から施行する。

附 則(平成15年教委規則第1号)

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際、現に使用している帳票は、補正して当分の間使用することができる。

附 則(平成16年教委規則第3号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成19年教委規則第11号)

この規則は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成20年教委規則第5号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成24年教委規則第1号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成27年教委規則第10号)

この規則は、平成27年4月1日から施行する。

別表(第11条関係)

上三川町中央公民館使用料減免基準

減免額

減免団体名

1 全額減免とする団体

全町又は地域を基準とする団体で、以下に該当するもの

(1) 町及び町の関係機関

上三川町農業公社

(2) 社会教育法第13条の規定等に基づき町が補助をする公共性の高い社会教育関係団体等

上三川町子ども会連合会 上三川町体育協会 上三川町スポーツ推進委員会 上三川町自治会公民館連絡協議会

(3) 町の行政と密接な関係のある公益的団体

上三川町コミュニティ連絡協議会 下野地区交通安全協会上三川支部 下野地区交通安全協会女性部会上三川支部 上三川町交通安全母の会 上三川町消防団 上三川町婦人防火クラブ 上三川町自治会長連絡協議会 上三川町明るい選挙推進協議会 上三川町民生委員協議会 上三川町食生活改善推進協議会 上三川町青年連絡協議会 上三川町女性団体連絡協議会 上三川町保護司会 上三川町更生保護女性会 上三川町人権擁護委員会 (財)上三川町社会福祉協議会 (社)上三川町シルバー人材センター 上三川町干ぴょう推進対策協議会 栃木県干ぴょう品評会 上三川町肥育牛振興会 上三川町酪農組合 上三川町水田農業推進協議会 上三川町農村青少年クラブ協議会 上三川町農産物加工生産組合 上三川町生活研究グループ協議会 上三川町観光協会 上三川町消費者友の会 郷土食を考える集い実行委員会 農業青色申告会上三川支部 上三川町農業後継者結婚相談所 農業集落排水処理施設維持管理組合

(4) 身体障害者、知的障害者又は精神障害者の福祉団体及びその保護者等で構成された団体

上三川町老人クラブ連合会 上三川町身体障害者福祉会 上三川町四つ葉会 上三川町視聴覚障害者協会 上三川町遺族会 上三川町ボランティア連絡協議会 手話サークル「なかま」 朗読「コスモスの会」 点字サークル「さぼてん」 ヤングボランティアグループ「エール」 地区社会福祉協議会

(5) 災害時等における緊急対策事業を行う団体

非難施設づくり、炊き出し等を行う団体等(災害発生時に限る)

(6) 生命に関わる非営利・公共性の強い事業を行う団体

上三川町赤十字奉仕団 日本赤十字社栃木支部上三川分区

国・県の団体について

(1) 国・県及び関係機関

(2) 国・県の社会教育関係団体

2 50%減免とする団体

1以外の社会教育団体のうち、自主学習グループ(本項に該当する自主学習グループについては別に定める。)

3 その他

上記のほか、館長が特に必要と認める団体については、上記の基準を準用して決定することができる。

画像

画像

画像

画像

画像

上三川町公民館設置等に関する条例施行規則

昭和48年5月26日 教育委員会規則第3号

(平成27年4月1日施行)

体系情報
第7編 育/第3章 社会教育
沿革情報
昭和48年5月26日 教育委員会規則第3号
昭和57年6月28日 教育委員会規則第4号
昭和60年3月11日 教育委員会規則第3号
平成元年2月27日 教育委員会規則第2号
平成6年11月1日 教育委員会規則第3号
平成12年2月16日 教育委員会規則第2号
平成12年3月24日 教育委員会規則第5号
平成15年3月28日 教育委員会規則第1号
平成16年12月1日 教育委員会規則第3号
平成19年12月20日 教育委員会規則第11号
平成20年4月22日 教育委員会規則第5号
平成24年3月23日 教育委員会規則第1号
平成27年3月25日 教育委員会規則第10号