本文へ

ようこそ栃木県上三川町へ

ホームくらしの便利帳/くらし 戸籍・住民登録住民基本台帳ネットワークシステム

住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)

更新日:平成28年8月31日

全国の市区町村が管理している住民基本台帳(いわゆる住民票)が、法律の改正により、平成14年8月5日から全都道府県を通じて全国ネットワークで結ばれました。

住民基本台帳カード(住基カード)をお持ちの方は、このシステムにより下記のサービス等を受けられます。

※住基カードの発行は平成27年12月で終了になりました。

 

【住基カードの種類】

 

カードの表面に記載される個人情報

Aバージョン

顔写真なし

氏名のみ印字

住基カード(顔写真なし)

Bバージョン

顔写真あり

顔写真、氏名、生年月日、性別、住所を印字

住基カード(顔写真あり)

上記の個人情報以外に、有効期限とカードを交付した市町村名が印字されます。

 

【有効期間】

有効期間は、交付した日から10年間です。

 

住基カードの継続利用ができます

他市区町村から上三川町へ転入し、一定の条件を満たしてる場合には、住民基本台帳カード(住基カード)を継続して利用することができます。また、市区町村へ転出した場合でも、引き続き住基カードを利用できます。

 

住基カードによる転入・転出ができます

住基カードをお持ちの人は、住基カードによる転出をすることができます。転出証明書は発行されませんので、新しい住所地では、住基カードをお持ちの上、転入日から14日以内に転入手続きをしてください。

また、前の市区町村で住基カードによる転出手続きをしたときは、上三川町での転入手続きに住基カードが必要となります。転入日から14日以内に転入手続きをしてください。

 

住民票の写しが全国どこでも取れます

住基カードや運転免許証等を提示することにより、全国どこの市区町村でも、本人又は同一世帯の方の住民票の写しを取ることができます。ただし、戸籍の表示や住所の履歴については、記載されません。

 

転入転出の手続が簡素化されます

住基カードの交付を受けている人は、転入時に転出証明の添付が不要です。転出する人は、あらかじめ郵送等で転出届をすれば、転入届をする時は、住基カードを提示することにより、転入手続きができます。

一部未実施の市区町村があるため、上記のサービスが受けられない場合があります。

このページのトップへ