本文へ

ようこそ栃木県上三川町へ

ホームくらしの便利帳/くらし戸籍・住民登録公的個人認証サービス電子証明書の発行(代理人申請)

電子証明書の発行(代理人申請)

更新日:平成21年3月4日

電子証明書の発行(代理人申請の場合)

電子証明書の発行方法(代理人が申請する場合)は下記のとおりです。

本人が申請する場合は、電子証明書の発行をご覧下さい。

【代理人申請の場合】

申請者本人が病気等のやむをえない理由で窓口にいらっしゃることが出来ない場合、代理人が申請することが出来ます。ただし、即日発行(申請した日に発行)は出来ません。代理人の方には少なくとも2回以上、来ていただくことになります。

初めに確認すること

1.申請者が住民基本台帳カードを持っていること。(住民基本台帳カードに電子証明書を格納します。)

2.申請者が印鑑登録をしていること。(2回目の来庁時に印鑑登録証明書を添付していただきます。)

1回目来庁時

電子証明書新規発行/更新申請書を記入し、代理人が住民生活課に提出して下さい。(郵送による申請は受け付けられません。)

申請を受理した後、申請者本人宛てに「回答書」を郵送します。

回答書が届いたら

1.役場から郵送された「回答書」に申請者本人が必要事項を記入し、実印(印鑑登録している印鑑)を押してください。

2.電子証明書のパスワード(4〜16ケタ)を記入し、その上に目隠しシールを貼って下さい。(目隠しシールは回答書と一緒に郵送します。)

3.下記の必要なものを揃えて、代理人に渡してください。

  • 回答書(申請者本人が記入し、実印を押したもの)を入れ、封緘したもの。
  • 上記の回答書で押印した印鑑登録証明書(3か月以内に発行したもので、申請者本人のものが必要です。代理人の分は必要ありません。)
  • 申請者の住民基本台帳カード
  • 申請者の身分証明書(1号書類または2号書類

ただし、上記の住民基本台帳カードが写真付きの場合、別に申請者の身分証明書は必要ありません。

2回目来庁時

代理人は上記の必要な書類を申請者から受け取り、さらに下記のものを住民生活課に持参して下さい。書類が全て揃っているのを確認し、電子証明書の発行を行います。

  • 代理人の官公署が発行した顔写真付の身分証明書(1号書類
  • 代理人の印鑑(認印可)

その他、手続きの時間と場所、手数料、有効期間やパスワード等は本人申請の場合と同じです。

本人が申請する場合は、こちらのページをご覧下さい。→電子証明書の発行

このページのトップへ