本文へ

ようこそ栃木県上三川町へ

ホーム 町の行財政運営 →都市計画税の課税のあり方について

都市計画税の課税のあり方について

更新日:平成25年11月18日

都市計画税の課税のあり方について

都市計画税の課税のあり方について検討いたしました。

 市街化区域に土地や家屋を所有している方に納付いただいています都市計画税は、現在、主に都市計画事業である下水道整備に要した起債の償還(借金の返済)に充てられています。

 町では、今後も借金の返済あるいは新たな都市計画事業(雨水整備事業等)を実施するための貴重な財源として継続して課税することが必要と考えています。

 都市計画税の課税のあり方につきましては、検討委員会において検討しましたので、詳しくは、「都市計画税のあり方検討結果報告書」をご覧ください。

 

このページのトップへ