本文へ

ようこそ栃木県上三川町へ

ホーム新着情報新生児聴覚検査の費用を助成します

新生児聴覚検査の費用を助成します

更新日:平成30年4月2日

 新生児聴覚検査は、生まれて間もない赤ちゃんの耳の聞こえ方を検査するもので、多くは赤ちゃんを出産した病院で受けることができます。

 本町では、平成30年4月1日以降に生まれた赤ちゃんの新生児聴覚検査にかかる費用を助成します。

助成内容について

新生児聴覚検査の対象者聴覚検査受診票のみほん

平成30年4月1日以降に生まれた生後3か月までのお子さん

助成金額

お子さん一人あたり、5,000円(上限)

助成を受ける方法

助成を受けるには、妊娠届出の際に町が交付する「新生児聴覚検査受診票」(以下、「受診票」といいます。)が必要です。

受診票を医療機関に提出することで、5,000円の助成を受けることができます。(現物給付)

新生児聴覚検査の費用を全額負担いただき、後日町健康課の窓口で手続きをすることで、返金を受けることができます。(償還払い)

償還払いの手続きについて

 受診票が使用できない医療機関で新生児聴覚検査を受けた場合、償還払いのお手続きにより検査費用の全部又は一部が返金されます。

償還払いの手続きに必要な書類

  1. 新生児聴覚検査費用助成申請書
  2. 新生児聴覚検査に要した金額を証明できる書類(領収証など)
  3. 新生児聴覚検査の検査結果が分かる書類(母子健康手帳の新生児聴覚検査結果ページのコピーなど)
  4. 新生児聴覚検査受診票

注意事項

 

このページのトップへ