本文へ

ようこそ栃木県上三川町へ

ホーム町の歴史・文化財上神主・茂原官衙遺跡官衙の大きさと施設東山道遺跡

東山道遺跡

更新日:平成20年4月30日

遺跡に取り付く道路跡(東山道跡)

東山道跡の現状本遺跡の南東部からは、役所に取り付けられたような古代の道路跡が確認されました。この道路跡は、周辺の調査状況などから古代の国道であった東山道と考えられます。東山道は都と東北地方を結ぶ幹線道路として、古代国家にとって非常に重要なものでしたが、本遺跡は地方役所としてこれに深く係っていた様子を窺うことができます。

道路跡は浅間神社古墳の周湟を通り、切通し部を経て、台地から低地へと降りています。低地部分では崖面を削った土で幅10mの路面を作った状況も、発掘調査で確認されました。なお、南への道路の進行方向については、南へ進むか南西へ進むか議論がありましたが、平成18・19年に実施した発掘調査によって、古墳群中を抜けながら南西方向に進んでいくことが確認されています。

 

 

このページのトップへ