本文へ

ようこそ栃木県上三川町へ

ホーム上三川町の歴史・文化財→上三川町文化財指定等一覧→板碑

板碑

更新日:平成23年4月22日

種類

有形文化財(町指定文化財52)

指定年月日

昭和59年4月1日

所在地

多功

所有者

宝光院

大きさ

寸法 高さ178cm、幅38cm、厚さ4.5cm

年代

嘉暦四年己巳五月九日(1329年)

銘文

南無阿弥陀仏敬白

 

板碑は石製塔婆の一種で追善や供養などの目的で建てたものです。鎌倉時代から室町時代にかけて流行しました。

この板碑は県内でも大きなもので、はっきりとした薬研彫りの文字とともに、立派なものです。

 

このページのトップへ