本文へ

ようこそ栃木県上三川町へ

ホーム上三川町の歴史・文化財→上三川町文化財指定等一覧→野外石仏地蔵

野外石仏地蔵

更新日:平成23年4月20日

野外石仏地蔵種類

有形文化財(町指定文化財31)

指定年月日

昭和50年3月10日

所在地

上三川

所有者

常光坊自治会

 

この地蔵は姿の良い立派な町内最大の石仏で、彫刻の技術がすぐれています。

伝承によると昔、普門寺の東にあった三体地蔵の一つで、明治時代のはじめ、廃仏毀釈により破壊されることを恐れた当時の人々が、常光坊・東館・桃畑に各一体ずつ移したものと言われています。

なお、地蔵及び台座は安山岩系の石材で作られています。

このページのトップへ