本文へ

ようこそ栃木県上三川町へ

ホーム上三川町の歴史・文化財→上三川町文化財指定等一覧→坂上古墳群

坂上古墳群

更新日:平成23年4月20日

坂上古墳群種類

史跡(町指定文化財5)

指定年月日

昭和43年4月1日

所在地

坂上

管理者

個人

 

この古墳群は坂上台地にあり、東西約500m南北約250mの範囲に23基と湮滅(形のなくなった)15基以上の計38基以上及び南方約900mの小支群に1基と湮滅3基の計4基との合計42基以上が数えられます。

古墳時代中期(5世紀〜6世紀初頭)の帆立貝式古墳(前方部の極端に短い前方後円墳)と推定される湮滅2基を除き、古墳時代後期(6世紀以降)のものと推定されます。

その中で、最も大きい長塚古墳は前方後円墳で、南東に面し全長42m、後円部の径約27m、高さ約3.5m、前方部の幅約27m、高さ約3.5mあります。

このページのトップへ