本文へ

ようこそ栃木県上三川町へ

ホーム上三川町の歴史・文化財→上三川町文化財指定等一覧→満願寺のカヤ

満願寺のカヤ

更新日:平成23年4月20日

満願寺のカヤ種類

天然記念物(町指定文化財2)

指定年月日

昭和43年4月1日

所在地

東汗

所有者

満願寺

 

このカヤの木は上三川町内にあるものの中で最古・最大のものです。

カヤはイチイ科の雌雄異株の常緑高木です。県内では神社・お寺の境内に植えられることが多いです。宮城・山形両県以南に分布しますが、栃木県では北西部の山地にわずかに自生します。

葉はモミの葉に似ていますが、つぶすとヤニのにおいがします。実は食用になり、また油をとって主に神仏に供える灯明の燃料にします。

樹高13.7m、胸高周囲3.28m、枝張東西17.4m、南北13.7m、推定樹齢330年。

このページのトップへ