本文へ

ようこそ栃木県上三川町へ

ホーム上三川町の歴史・文化財→上三川町文化財指定等一覧→長泉寺のコウヤマキ

長泉寺のコウヤマキ

更新日:平成23年4月20日

長泉寺のコウヤマキ種類

天然記念物(町指定文化財1)

指定年月日

昭和43年4月1日

所在地

しらさぎ

所有者

長泉寺

この木は2本が癒着したもので、まるで1本のようにみえます。昭和57年8月の台風10号により、西側の幹が倒れたので補強しました。このとき折れた枝の年輪から推定すると、永正元年(1504年)に上三川城主今泉盛朝が長泉寺を建て、天栄祥貞和尚を迎えて開山した時、和尚自ら植えた記念の木との伝承による樹齢とほとんど一致します。

コウヤマキはスギ科の雌雄同株の常緑高木です。この名は紀州高野山に多いことからつけられました。樹高18.1m、胸高周囲4.02m、枝張東西8.4m、南北8.2m、推定樹齢500年。

このページのトップへ