本文へ

ようこそ栃木県上三川町へ

ホーム上三川町の歴史・文化財上三川町文化財指定等一覧 上神主・茂原遺跡

上神主・茂原官衙遺跡

更新日:平成23年4月20日

上空から見た正倉種類

史跡(国指定文化財1)

指定年月日

平成15年8月27日

所在地

上神主ほか

人名文字瓦さかのべのだんしょ人名文字瓦若男所有者

上三川町・宇都宮市ほか

 

東西約250m,南北370m以上の大規模な地方官衙で,下野国河内郡衙跡の可能性が考えられます。中央に政庁,南に正倉,北に関連施設が展開します。正倉の大規模な瓦葺礎石建物には多量の人名瓦が伴っています。遺跡の南東には推定東山道が接しており,古代の地方官衙の具体的なあり方と交通路の関係を知る上で重要な遺跡です。

このページのトップへ