本文へ

ようこそ栃木県上三川町へ

ホーム くらしの便利帳/くらし選挙→投票に関すること→在外投票について

在外投票について

更新日:平成30年1月26日

在外投票について

 海外に住んでいる人が、外国にいながら国政選挙に投票できる制度を「在外選挙制度」といい、これによる投票を「在外投票」といいます。在外投票ができるのは、日本国籍を持つ18歳以上の有権者で、在外選挙人名簿に登録され、在外選挙人証を持っている人です。

 在外選挙人名簿への登録の申請は、お住まいの地域を管轄する在外公館(大使館、総領事館など)の領事窓口や領事出張サービスで受け付けています。登録されるためには、その在外公館の管轄区域内に3か月以上継続して住んでいる必要がありますが、登録の申請は、住所を定めていれば3か月経っていなくても行うことができます。また、在外選挙人名簿には、日本における最終住所地の市区町村において登録され、在外投票は当該市区町村で取り扱われることになります。

 在外選挙人証は、管轄の在外公館からの書類の提出を受けて、日本の管轄市区町村選挙管理委員会が発行します。また当該在外選挙人証は、外務省を経由して在外公館に返送します。そのため申請してから、在外選挙人証が手元に届くまでには、期間がかかりますので直近の選挙の有無にかかわらず、あらかじめ申請をしておくことをおすすめします。

関連項目

外務省ホームページ「在外選挙とは」

総務省ホームページ「在外選挙制度について」

投票に関すること

一般の投票(選挙当日の投票に投票する場合)

期日前投票(選挙当日に用事等で投票所に行けない場合)

不在者投票(長期間施設や町外に滞在する等で、滞在先で投票する場合)

郵便等による不在者投票(身体の重い障がい等のため投票所に行けない場合)

このページのトップへ