本文へ

ようこそ栃木県上三川町へ

ホーム くらしの便利帳/くらし選挙→衆議院議員総選挙等に関するお知らせ

衆議院議員総選挙等に関するお知らせ

更新日:平成29年10月2日

投票日は、10月22日(日曜日)です。

 投票日は10月22日

 明るい選挙のイメージキャラクター「選挙のめいすいくん」

 衆議院議員総選挙と最高裁判所裁判官国民審査が、10月10日公示、10月22日投票の日程で行われます。

 これからの日本の方針を決める大事な選挙ですので、あなたの意見を政治に反映させましょう。

 また、投票日に都合が悪い方でも、下記の通り期日前投票や不在者投票が可能ですので、忘れずに投票しましょう。

上三川町で投票できる方

 平成11年10月23日以前に生まれた日本国民で、平成29年7月9日以前から引き続き上三川町に住所を有し、住民基本台帳に登録されている方

 

各投票所はこちらをクリック(PDFファイル)

  ※こちらは、10月22日の投票所です。期日前投票所は「上三川町役場正面玄関ホール」になります。

町内で住所が変わった方

 本年9月26日以前に町内で住所異動(転居)の届出をした方は、新しい住所の投票所で投票できます。9月27日以降に住所を異動した方は、旧住所地の投票所で投票してください。

転入してきた方

 本年7月10日以降に転入の届出をした方は、上三川町では投票できませんが、一般的には前住所地の市町で投票ができます。

入場券を忘れずに

 入場券は、世帯ごとに圧着式のはがきで郵送します。入場券は、選挙の公示日(10月10日)後速やかに発送しますが、入場券がお手元に届くまでに若干のお時間をいただくことがあります。ご了承ください。

 はがきには1枚に4人までの入場券が記載されています。投票の際には各自の入場券を切り離し、本人の入場券を持参してください。もし、入場券を紛失した場合でも、選挙人名簿に記載されていれば投票できますので、投票所の係員に申し出てください。

点字投票・代理投票

 目の不自由な方は、点字で投票することができます。また身体が不自由などの理由で文字を書くことができない方は、投票所の係員が代理で投票用紙に記載して投票することができます。いずれも投票所の係員に申し出てください。

期日前投票

 投票所当日に仕事、旅行、レジャー、冠婚葬祭等の用事があるなど、一定の事由に該当して投票に行けない方は期日前投票をすることができます。 なお、今回の選挙から最高裁判所裁判官国民審査の投票が期日前投票の初日(10月11日)から行われることになりました。

 期日前投票をする場合には、期日前投票所に備えられている宣誓書(兼請求書)の記載が必要です。

  期間:10月11日(水曜日)から10月21日(土曜日)まで

  時間:午前8時30分から午後8時まで

      ※投票日当日(10月22日)とは時間が異なりますのでご注意ください。

  場所:役場町民ホール(正面玄関ホール)

不在者投票

 長期出張等のため上三川町で投票できない方は、滞在先の市区町村選挙管理委員会で不在者投票をすることができます。

 滞在先での不在者投票を希望する方は、宣誓書(兼請求書)を印刷して、必要事項を自筆で記入し、町選挙管理委員会へ郵送又は持参してください。(ファックスやメールでの請求はできません。)

 宣誓書(兼請求書)を印刷することができない方は、町選挙管理委員会までお問い合わせください。

 

宣誓書(兼請求書)はこちらからダウンロードできます(PDFファイル)

入院(所)先での不在者投票

 都道府県選挙管理委員会が指定した病院や老人ホームなどの施設に入院(所)中の方は、その施設で不在者投票をすることができます。詳しくは、入院(所)先の施設、又は町選挙管理委員会にお問い合わせください。

 

不在者投票ができる栃木県が指定した施設はこちらから確認できます(栃木県選挙管理委員会のホームページ)

郵便等による不在者投票(代理記載制度もあります)

 郵便等による不在者投票ができる方は、次のとおりです。

 @身体障がい者手帳の交付を受けている方

 A戦傷病者手帳の交付を受けている方

 B介護保険法に規定する要介護者で介護保険の被保険者証に要介護区分が「要介護5」と記載されている方

 ※なお、@〜Bに該当していても、障がいの箇所や等級等により郵便等による不在者投票が認められない場合がありますので、詳しくは町選挙管理委員会までお問い合わせください。また、郵便等による不在者投票をするには、次の手続きが必要となります。

 ・「郵便等投票証明書」の交付申請

 ・投票用紙、投票用封筒の請求    様式はこちら(PDFファイル)

 「郵便等投票証明書」交付を希望する場合は、早めに町選挙管理員会に申請の手続きをしてください。また、投票用紙等の請求の期限は、投票日の4日前まで(10月18日(水曜日)の午後5時まで)です。

選挙公報について

 各候補者の主張を掲載した「選挙公報」を新聞に折り込んで各世帯に配布します。

 なお、新聞を購読されていない世帯には、「選挙公報」を町役場、上三川いきいきプラザ、図書館、中央公民館等の窓口に用意しております。そのほかにも、栃木県選挙管理委員会の選挙臨時ホームページにも掲載を予定しております。

選挙年齢の引き下げについて

 昨年から、日本の未来を作り担う若い世代にもより政治に参画していただくため、選挙権が満18歳(平成11年10月23日以前生まれ)に引き下げられました。

 若者の投票率が低くなると、若者の声は政治に届きにくくなってしまいます。その結果、若者に向けた政策が実現しにくくなったり、実現するのに時間が要する可能性があります。若い世代の方の積極的な政治参加により、幅広い世代の意見を政治に反映させることができます。

このページのトップへ