本文へ

ようこそ栃木県上三川町へ

ホーム    くらしの便利帳/くらし選挙

7月21日は参議院議員通常選挙の投票日です

更新日:平成25年7月4日

 

一票で 届けるあなたの 熱い声

   参議院議員通常選挙が、7月4日公示、7月21日投票の日程で行われます。

   投票日には、あなたの貴重な一票を投票しましょう。

   投票日当日に仕事、旅行、レジャー、冠婚葬祭等の用務があるなど、一定の事由に該当が見込まれる方は、期日前投票をすることができます。

上三川町で投票できる方

   平成5年7月22日以前に生まれた日本国民で、平成25年4月3日以前から引き続き上三川町に住所を有し、住民基本台帳に登録されている方

     各投票所はこちらをクリック

町内で住所の変わった方は

   6月24日までに町内で住所異動(転居)の届出をした方は、新しい住所の投票所で投票できます。6月25日以降に住所を異動した方は旧住所地の投票所で投票してください。

転入してきた方は

   平成25年4月4日以降に転入の届出をした方は、上三川町では投票できませんが、一般的には前住所地の市区町村で投票することができます。

入場券 を忘れずに

   入場券は、世帯ごとに圧着式のはがきで郵送します。はがきをはがすように開封すると、4人分までの入場券が記載されています。投票の際には各自の入場券を切り離し、本人の入場券を持参してください。もし、入場券を紛失した場合でも、選挙人名簿に登録されていれば投票できますので、投票所の係員に申し出てください。

点字投票・代理投票

   目の不自由な方は点字で投票することができます。また、身体が不自由などの理由で文字を書くことができない方は、投票所の係員が代理で投票用紙に記載して投票することができます。いずれも投票所の係員に申し出てください。

期日前投票

   投票日当日に仕事、旅行、レジャー、冠婚葬祭等の用事があるなど、一定の事由に該当して投票に行けない方は期日前投票をすることができます。

   期日前投票をする場合には、宣誓書(兼請求書)の記載が必要です。

   期間:7月5日(金曜日)〜7月20日(土曜日)

   時間:午前8時30分〜午後8時

   場所:役場町民ホール(正面玄関ホール)

不在者投票

   長期出張等のため上三川町で投票ができない方は、滞在先の市区町村選挙管理委員会で不在者投票をすることができます。

   滞在先での不在者投票を希望する方は、宣誓書(兼請求書)を印刷して、必要事項を自筆で記入し、町選挙管理委員会(以下「町委員会」という。)へ郵送又は持参してください。(FAXやメールでの請求は受付できません。)

   宣誓書

     宣誓書(兼請求書)はこちらからダウンロードできます

入院(所)先での不在者投票

   都道府県選挙管理委員会が指定した病院や老人ホームなどの施設に入院(所)中の方は、その施設で不在者投票をすることができます。詳しくは、入院(所)先の施設、又は町委員会にお問い合わせください。

郵便等による不在者投票(代理記載制度もあります。)

     郵便等による不在者投票ができる方は次のとおりです。

     @身体障がい者手帳の交付を受けている方

     A戦傷病者手帳の交付を受けている方

     B介護保険法に規定する要介護者で介護保険の被保険者証に要介護状態区分が「要介護5」と記載されている方

      ※なお、@〜Bに該当していても、障がいの箇所や等級等により郵便等による不在者投票が認められない場合がありますので、詳しくは町委員会までお問い合わせください。

     また、郵便等による投票をする場合には、次の手続きが必要となります。

   「郵便等投票証明書」交付を希望する場合は、早めに町委員会に申請の手続きをしてください。また、投票用紙等の請求の期限は、投票日の4日前まで(7月17日(水)の午後5時まで)です。

選挙公報

   各立候補者等の主張を掲載した「選挙公報」を新聞に折り込んで各世帯に配布します。

   なお、新聞を購読されていない世帯には、「選挙公報」を町役場、上三川いきいきプラザ、図書館、中央公民館などの窓口に用意しておりますので、お手数でもそちらをご利用ください。

関連リンク

   ・栃木県選挙管理委員会

 

このページのトップへ