本文へ

ようこそ栃木県上三川町へ

ホーム産業/特産物特産物・農産物ニラ

ニラ

更新日:平成29年8月21日

ユリ科の多年草。

「古事記」にもその名を見ることができるほど、日本人に古くから食されている野菜です。

中国西部が原産とされており、現在では種子によって増やします。

βカロテンやビタミンA、ビタミンC、ミネラルが豊富で、におい成分であるアリシンがビタミンB1と結合して、その吸収を活性化し代謝機能を高めます。

生薬としても使用され、葉は韮白(きゅうはく)という生薬で強精、強壮作用があるとされており、種子は韮子(きゅうし)という生薬で腰痛、遺精、頻尿に効くとされています。

ニラの花茎部分を花ニラとして7月上旬から9月上旬まで夏季限定で出荷しており、炒めても茹でてもおいしくいただけます。

上三川町はニラの一大産地であり、県内トップクラスの収穫量を誇っています。 ビニールハウスで栽培されるニラ

作型はビニールハウスによる促成栽培が主力ですが、夏から秋にかけて雨除け栽培も導入されており、一年を通して出荷しています。

上三川町におけるニラの生産状況(平成28年現在)

農作物名 作付面積 出荷量 生産額 栽培戸数
ニラ 22ヘクタール 598トン 332百万円 94戸

 

 

このページのトップへ