本文へ

ようこそ栃木県上三川町へ

ホーム農家の方へ 攻めの農業実践緊急対策事業について

「攻めの農業実践緊急対策事業」について(最終募集)

更新日:平成27年11月16日

「攻めの農業実践緊急対策事業」について

水田をフル活用し、飼料用米等の導入により、低コスト・高収益な生産体制へ転換を図る農業者の農業機械のリース導入や資材購入等を支援する「攻めの農業実践緊急対策事業」(平成25年度補正予算国庫補助事業)が実施されます。

事業概要・募集期間は下記のとおりとなりますので、詳しい内容については上三川町農業再生協議会(役場産業振興課内)までお問い合わせください。  

また、本事業の詳細については、栃木県農業再生協議会のホームページ(外部リンク)をご覧下さい。

なお、今回の募集が当該事業の最終募集となります。

攻めの農業実践緊急対策事業の概要

@ 低コスト化への支援(生産効率化プラン)

担い手へ機械作業や農地の集積化により、生産コストの1割削減を図る

⇒ 担い手に規模拡大に対応した農業機械のリース導入を支援

【主な要件】

  • 5戸以上の農家が参加し、計画を作成すること
  • 効率化を図る機械作業をすべて、担い手へ集約する計画であること
  • 対象とする品目の生産コストを地域平均と比較して1割以上削減すること

【主な支援】

  • 集約する機械作業に関する農業機械のリース導入経費(1/2以内)
  • 集約に伴なう担い手以外の農家が所有する農業機械の廃棄費用(2万円以内)

A 高収益品目への支援(高収益化プラン)

米・麦等は@の担い手に任せて、高収益品目への転換を図る

⇒ 栽培に必要な農業機械のリース導入や簡易な資材(パイプハウス等)等を支援

【主な要件】

  • @の低コスト化に関する計画に参加すること
  • @の担い手以外の農家の6割以上が高収益作物に転換すること

  【主な支援】

  • 高収益品目の生産に必要な農業機械のリース導入経費(1/2以内)
  • 必要となる簡易なパイプハウス等の資材経費(定額)

 

募集期間

・第一時募集 : 終了しました

・第二次募集 : 終了しました

・第三次募集 : 終了しました

・第四次募集 : 平成27年11月30日(月曜日)

※要望を提出するにあたり、下記の点にご注意ください

  ・集積する機械作業は、平成27年度中に実施するものであること。

  ・機械の導入〜助成金の支払を平成28年2月末までに完了できること。

 

提出先

上三川町農業再生協議会(役場3階産業振興課内)

申請書類

募集に係る計画書様式等につきましては、栃木県農業再生協議会HPを参照願います。

関連リンク

農林水産省HP

栃木県農業再生協議会HP

 

このページのトップへ