本文へ

ようこそ栃木県上三川町へ

ホーム くらしの便利帳/健康・福祉・子育て障がい者福祉 年金手当等特別児童扶養手当

特別児童扶養手当

更新日:平成29年12月12日

目的

 心身に障がいのある20歳未満の児童を養育している父母、又はその養育者の負担を軽減し、福祉の向上を図ることを目的とした制度です。

対象者

 下の表に掲げる障がいを持つ20歳未満の児童を養育している父母又はその養育者

1

ア 身体障がい者手帳1・2級及び3級の一部の児童(内部障がいは診断書により判定)

イ 療育手帳A1・A2の児童

ウ 上記と同程度の障がいがあると認められる児童

2

ア 身体障がい者手帳3級及び4級の一部の児童(内部障がいは診断書により判定)

イ 療育手帳B1の児童(診断書により判定)

ウ 上記と同程度の障がいがあると認められる児童

ただし、次のいずれかに該当するときは、手当を受けることができません。

  1. 児童または請求者が日本国内に住んでいないとき。
  2. 児童が児童福祉施設などに入所しているとき。(保育所、通所施設、障害児入所施設への親子入所を除く。)
  3. 児童が障害を支給事由とする公的年金を受けることができるとき。(児童扶養手当、児童手当、障害児福祉手当は年金ではありませんので併給できます。)

申請方法

 ・必要書類等 

      @ 特別児童扶養手当認定請求書

      A 診断書(内部障がいを除く身体障がい者手帳・療育手帳Aをお持ちの方は省略することができます。)

      B 戸籍謄本又は抄本

      C 振込先口座申出書

      D 通帳の写し  

         E その他(対象児と別居の場合は別居監護証明書等)

支給額  

        1級:月額51,450円

    2級:月額34,270円

支給月日  

        4月、8月、11月の各月11日

        (支給日が土日祝の場合は前日になります)

支給制限

・手当を請求する人(父母又は養育者等)の前年の所得が一定金額以上であるとき、又は手当を請求する人と同居している配偶者及び扶養義務者の前年の所得が一定金額以上であるときは、手当の支給は停止されます。

このページのトップへ