本文へ

ようこそ栃木県上三川町へ

ホームくらしの便利帳/健康・福祉子育て特別児童扶養手当

特別児童扶養手当

更新日:平成27年9月7日

受給対象者

心身に障がいのある20歳未満の児童を監護している父母、またはその養育している人が手当を受けることができます。なお、外国人の方も受給の対象になります。ただし、次のいずれかに該当するときは、手当を受けることができません。

  1. 児童、請求者が日本国内に住所を有しないとき
  2. 児童が児童福祉施設などに入所しているとき
  3. 児童が障がいを支給事由とする公的年金を受給しているとき
  4. 父母または養育者などの前年度の所得が一定額以上のとき

手当の額

手当の等級

手当の額

障がい程度

1級

障がい児1人につき

月額51,100円

身体障がい害者手帳1・2級及び3級の一部の児童(内部障がいは診断書による)

療育手帳A1、A2の児童

上記と同程度の障がいがあると認められた児童

2級

障がい児1人につき

月額34,030円

身体障がい者手帳3級及び4級の一部の児童(内部障がいは診断書による)

療育手帳B1の児童(診断書により判定)

上記と同程度の障がいがあると認められた児童

申請手続き

住所地の市町村の窓口にて請求の手続きをしてください。

県知事の認定を受けた後に手当が支給されます。

【添付書類】

    1. 特別児童扶養手当認定請求書
    2. 請求者と対象児童の戸籍謄本または抄本
    3. 世帯全員の住民票の写し
    4. 障がい認定診断書身障手帳(内部障がいをのぞく)と療育手帳(B1をのぞく)所持の場合は診断書の省略ができます。
    5. その他(印鑑・請求者名義の郵便局の通帳)

支給期日

手当は知事の認定を受けると、認定請求をした日の属する月の翌月分から支給され、4月(12月〜3月)、8月(4月〜7月)、11月(8月〜11月)の3回、指定した金融機関の口座に振り込まれます。

このページのトップへ