本文へ

ようこそ栃木県上三川町へ

ホーム くらしの便利帳/くらし 相談児童虐待を未然に防ごう

児童虐待を未然に防ごう

更新日:平成27年8月28日

児童虐待とは

 児童虐待は以下のように4種類に分類されます。

身体的虐待

殴る、蹴る、投げ落とす、激しく揺さぶる、やけどを負わせる、溺れさせる、首を絞める、縄などにより一室に拘束するなど

性的虐待

子どもへの性的行為、性的行為を見せる、性器を触る又は触らせる、ポルノグラフィの被写体にするなど

ネグレクト

家に閉じ込める、食事を与えない、ひどく不潔にする、自動車の中に放置する、重い病気になっても病院に連れて行かないなど

心理的虐待

言葉による脅し、無視、兄弟間での差別的扱い、子どもの目の前で家族に対して暴力をふるう(ドメスティック・バイオレンス:DV)など

増加し続ける児童虐待相談

 全国の児童相談所における児童虐待の相談件数は、平成25年度73,765件となり、過去最高となっています。

児童虐待が続くと

 虐待への対応策や支援などが無い状態が継続すると、児童に与える影響は次第に深刻化し、最悪の場合,児童の死亡に繋がります。そこまで至らない場合でも、様々な身体的障がいや情緒障がい、行動障がいなどの精神的障がいが生じる可能性が高くなります。また、小児期に大きな問題が見られない場合でも、虐待による精神的ダメージはその後の成長に確実に影響を与えるとともに、虐待の世代間伝達もかなりの高い確率で確認されています。

早期発見の重要性

 虐待から児童を守るためには、児童の周辺で関わる人達の早い段階での気付きが大切です。保育所や幼稚園、学校、医療機関、各種行政機関のほか近隣住民の方々も含め、児童に関わるすべての人達が、児童虐待に関する理解を深め、虐待を察知する敏感さを持つことが大切です。

児童虐待を疑ったら

 子どもの傷、あざ、不自然な行動、家庭内から聞こえる子どもの異常な泣き声、あるいは長期間姿が見えないなど、気になることがあればすぐにご連絡ください。

上三川町福祉課相談支援係

電話番号:0285-56-9137

受付時間:午前8時30分〜午後5時15分(平日)

住所:上三川町しらさぎ1−1

児童虐待に関する相談

中央児童相談所

電話番号:028-665-7830

受付時間:午前8時30分〜午後5時15分(平日)

住所:宇都宮市野沢町4−1

児童虐待緊急ダイヤル

電話番号:028-665-3677

受付時間:平日夜間、休日の昼間及び夜間

児童相談所全国共通ダイヤル

電話番号:189(いちはやく)

電話番号:0570-064-000

 どちらもつながります。

児童虐待の未然防止

 児童虐待が起きる大きな要因のひとつに、子育て家庭の孤立化が挙げられています。町としても、子育て家庭の孤立化を防ぐために様々な子育て支援事業に取り組んでおりますが、虐待防止の十分な成果に繋げるためにはまだまだ対処すべき課題がたくさんあります。一方で、地域にお住まいの皆様が、子育て中の保護者や家庭に声をかけるとかあるいは相談相手になっていただくことが虐待を未然に防止する大きな力となります。

子育て支援センター あったかひろば

    電話番号:0285-56-2043

    利用時間:午前9時〜午後4時 (平日)

    対象:町内に住所を有する乳幼児及びその保護者

    場所:上三川町大字上蒲生34番地 (上三川いきいきプラザ東側)

このページのトップへ