本文へ

ようこそ栃木県上三川町へ

ホーム 新着情報 【感染症】中東呼吸器症候群(MERS)が発生しています

【感染症】中東呼吸器症候群(MERS)が発生しています

更新日:平成27年7月10日

中東呼吸器症候群(MERS)が発生しています

MERSって何?

 MERS(マーズ)とは、2012年に初めて確認されたウイルス性の感染症で、原因となるウイルスはMERSコロナウイルスと呼ばれています。MERS発生地域

 

どこで発生しているの?

 主に韓国や中東地域(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、オマーン、カタール、イラク等)で患者が報告されています。

 

感染するとどうなるの?

 2〜4日後に、発熱、咳、息切れなどの症状が現れます。

 感染しても症状が現れない方もいますが、高齢者や基礎疾患があると重症化する傾向にあります。

 

MERS対策!覚えておきたい3つのこと

 MERSに感染しないために、また感染を広げないための3つのポイントをご紹介します。

 

1.一般的な感染症予防対策を心がけましょう

こまめな手洗いやうがいを心がけましょう。また、加熱が不十分な食品の摂取を避けることも大切な予防対策の一つです。

 

2.発生が報告されている地域への渡航に注意しましょう

ラクダなどの動物との接触、未殺菌のラクダ乳の摂取はやめ、咳などの呼吸器症状を示している人との接触は避けましょう。

 

3.MERSに感染したかな?と思ったら最寄の保健所に電話連絡しましょう

韓国や中東地域の流行発生地域に滞在後、日本に入国してから2週間以内に、発熱、咳などの症状が現れた場合には、医療機関を受診する前に、必ず最寄りの保健所に電話連絡してください。

▼保健所連絡先

 栃木県県南健康福祉センター 健康対策課感染症予防 0285-22-1219

 

お知らせ

 

関連リンク

 

このページのトップへ