本文へ

ようこそ栃木県上三川町へ

ホーム- くらしの便利帳/健康・福祉予防接種子宮頸がんワクチンの予防接種について

子宮頸がんワクチンの予防接種について

更新日:平成25年6月18日

子宮頸がんワクチン接種の積極的な勧奨の差し控えについて

 子宮頸がんワクチン予防接種については、平成25年4月1日から定期予防接種となったところですが、平成25年6月14日、厚生労働省の勧告により、ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な痛み等の副反応が見られたことから、ワクチン接種の積極的な勧奨(接種を受けるように呼びかけるなど)を行わないように決定しました。(詳しくは、こちら(厚生労働省ホームページ)を参照してください。)

 厚生労働省では、現在、副反応の症例について調査を実施し、専門家による評価により再開の判断をすることとしており、積極的な接種勧奨の差し控えは、一時的な措置であるとしています。

 町では、対象者に向けて個別通知をしておりますが、今後は、勧奨の再開が決定するまでの間、通知等の接種勧奨を行わないこととします。

 なお、ワクチン接種は定期予防接種ですので、希望される方は今まで通り無料で接種する ことができますが、接種における予防の有効性と副作用が起こるリスクを十分ご理解いただき、医療機関等とご相談の上、受けるようにしてください。

 子宮頸がん予防接種については、「子宮頸がん予防ワクチン接種説明書」をご覧下さい。

副反応について

○比較的軽度の副反応は、一定の頻度で起こることが知られています。

 頻度の高いもの  注射部位の痛み・赤み・腫れ
 頻度の低いもの   発熱、接種部位のしこり・かゆみ・出血・不快感・ピリピリ感・ムズムズ感、頭痛、発疹、じんましん、めまい、上気道感染、失神・血管迷走神経発作(息苦しい、息切れ、動悸、気を失うなど)

○まれに重い副反応があります。

 重い副反応として、アナフィラキシー様症状(血管浮腫・じんましん・呼吸困難等)等が現れることがあります。

 現在、因果関係は不明ながら、持続的な痛みを訴える重篤な副反応が報告されており、その発生頻度等について調査中です。

ワクチン接種後の注意

20歳を過ぎたら定期的に子宮頸がん検診を受けることが大切です!

 子宮頸がん予防ワクチンはすべての型に効果があるわけではなく、予防できる型は限られています。

また、一生持続するものではありません。20歳になったら、子宮頸がん検診を受けましょう。

 

このページのトップへ