本文へ

ようこそ栃木県上三川町へ

ホーム
くらしの便利帳/健康・福祉子育て子育て世帯臨時特例給付金

子育て世帯臨時特例給付金について(受付終了)

更新日:平成27年12月2日

申請の受付は終了いたしました。

申請期限:平成27年11月30日(月)(郵送での申請の場合は当日消印有効)

子育て世帯臨時特例給付金について

  消費税引き上げの影響等を踏まえ、子育て世帯に対して、臨時特例的な給付措置として支給される給付金です。

  給付金を受け取るためには申請が必要です。対象となる可能性があるご家庭(※1)には、6月中旬頃に申請書(「児童手当現況届」と併せて1枚となった用紙となっています。)を郵送いたします。

  届いた案内等をご確認いただき、申請期間内に忘れずにご提出をお願いいたします。

 (※1)公務員以外の方が対象。公務員の方は下記「公務員の方はご注意ください!」をお読みください。

支給対象者

   平成27年6月分の児童手当の受給者

・平成27年6月分の特例給付の受給者(※2)は支給対象になりません。

・児童手当の額の改定の請求を失念する等して、平成27年6月分の児童手当の対象となる児童分の支給が受けられない方についても、支給対象となり得るので、平成27年5月31日時点で住民票のある市区町村の窓口にご相談ください。

(※2)特例給付の受給者とは、平成26年中の所得が児童手当の所得制限限度額以上である方(児童1人当たり月額一律5,000円が支給される方)をいいます。

 →児童手当や所得制限限度額表についてはこちら

 

対象児童

支給対象者の平成27年6月分の児童手当の対象となる児童

・「臨時福祉給付金」の対象となる児童及び生活保護制度の被保護者にあたる児童についても対象となります。

・平成27年6月1日から給付金の支給決定までの間に亡くられた児童は対象外です。

支給額

対象児童1人につき、3,000円

 

申請手続きについて

申請方法

郵送又は福祉課子ども・子育て係(庁舎1F)窓口までご提出ください。

※窓口での受付は土・日・祝日を除く、8時30分から17時15分まで(正午から13時までを除く)となります。

申請期間

平成27年6月15日(月)から11月30日(月)まで(郵送申請の場合は当日消印有効)

※公務員以外の方はご注意ください※

 児童手当現況届は提出期限が6月30日(火)(郵送の場合は6月30日(火)必着)となります。児童手当現況届と子育て世帯臨時特例給付金申請書が一枚の用紙になりますので、6月30日(火)までにご提出をお願いいたします。

提出書類 (公務員以外の方)

●子育て世帯臨時特例給付金申請書(請求書)

 ※児童手当現況届と同じ用紙(下部)になります。

●印かん(押印)

また、以下の項目に該当する方は別途提出していただく書類がございます。

【受取方法を児童手当振込口座または平成26年子育て世帯臨時特例給付金の受給口座と異なる口座を指定する場合】

● 本人確認書類(運転免許証、旅券、顔写真付き住民基本台帳カード 等の写し)

● 指定した口座が確認できる書類(金融機関・支店名、口座番号、口座名義人(カナ)がわかる通帳やキャッシュカード 等の写し)

【口座がない方等で、窓口での現金受取を希望する場合】

● 本人確認書類(運転免許証、旅券、顔写真付き住民基本台帳カード 等の写し)

【外国人の方の場合】

● 申請書に名前のある方全員分の在留カード、特別永住者証明書 等の写し

給付金の受取方法

申請書に記載した指定口座に入金されます。

※金融機関口座を持っていないなど、振込みによる支給が困難な場合には窓口では受け取ることができます。

支給時期

平成27年10月以降〜

※申請書をもとに審査し、支給・不支給の結果を通知いたします。

 支給時期は受付時期によりますので、お送りする通知書にてご確認ください。 

公務員の方はご注意ください

 職場から児童手当・特例給付を受給している公務員の方には、町からご案内や申請書は送付いたしません。職場から配布された案内をもとに、申請書・必要書類等を、平成27年5月31日時点で住民登録されている市区町村へ申請するようになります。

 なお、申請期間は平成27年6月15日(月)から11月30日(月)までです。お忘れのないよう、ご提出ください。

提出書類 (公務員の方)

●子育て世帯臨時特例給付金(平成27年度)申請書(請求書)

 ※申請書の「公務員児童手当受給状況証明欄」に所属庁の証明を受けた上で申請してください。

●印かん(押印)

 また、給付金の受取方法を、平成26年度の子育て世帯臨時特例給付金振込口座以外の口座(児童手当振込口座、指定の金融機関口座)に変更を希望する場合は以下のものも必要です。

●指定した口座が確認できる書類(金融機関・支店名、口座番号、口座名義人(カナ)がわかる通帳やキャッシュカードの写し)

その他、ご連絡事項

・原則として、申請期間外の申請は受付できませんのでご注意ください。

・申請期間等は、各市区町村により異なります。上三川町以外が申請先となる方は、事前にその市区町村に問い合わせるか、ホームページ等で確認するようにしてください。

・所得の低い方への家計への負担を減らすために支給される「臨時福祉給付金」の対象となる場合は、別途、申請が必要です。9月以降に申請書の郵送を予定しています。詳細が決まり次第広報等でお知らせいたします。

・給付金の支給のために、所得を確認させていただく必要があります。所得の申告がお済でない方は、速やかに申告をしていただきますよう、お願いいたします。

振り込め詐欺にご注意を!!

 現在、支給手続きについて検討段階のため、下記のようなお願いや照会を行うことはありません。

●市区町村や厚生労働省などがATM(銀行・コンビニなどの現金自動支払機)の操作をお願いすることは、絶対にありません。

●ATMを自分で操作して、他人からお金を振り込んでもらうことは絶対にできません。

●市区町村や厚生労働省などが、「臨時福祉給付金(簡素な給付措置)」や「子育て世帯臨時特例給付金」を支給するために、手数料などの振込を求めることは絶対にありません。

●現時点で、市区町村や厚生労働省などが住民の皆様の世帯構成や銀行口座の番号などの個人情報を照会することは、絶対にありません。

 子育て世帯臨時特例給付金について、ご自宅や職場などに厚生労働省や市区町村職員などをかたった電話がかかってきたり、郵便が届いたら、迷わず、お住まいの市町村や最寄の警察署(または警察相談専用電話(#9110))にご連絡ください。

 

各種問い合わせ先

●「子育て世帯臨時特例給付金」ダイヤル(厚生労働省)

 厚生労働省では子育て世帯臨時特例給付金に関する一般的な問い合わせに対応するため、専用ダイヤルを設置しています。制度の概要についてのお問い合わせは下記専用ダイヤルをご利用ください。

電話:0570-037-192

開設時間:月曜〜金曜日(祝日等を除く)の午前9時から午後6時まで

●子育て世帯臨時特例給付金の概要(厚生労働省)

 http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kodomo/kodomo_kosodate/rinjitokurei/index.html?utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter

 

このページのトップへ