本文へ

ようこそ栃木県上三川町へ

ホームくらしの便利帳/健康・福祉子育て児童手当

児童手当

更新日:平成29年6月9日

 

制度の目的

 児童手当は、次代の社会を担う児童の健やかな育ちを応援するという趣旨のもとに支給するものです。児童手当を受給された方には、児童手当の趣旨に従って、児童手当を用いなければならない責務が法律上定められています。

支給対象者

 上三川町に住民登録をしており、中学校修了まで(満15歳以後の最初の3月31日までの間)の児童を養育している方が請求できます。

・国内に居住している児童を養育している父母

   *海外留学中の場合は在籍証明書等が必要です。

   *父母ともに収入がある場合は生計中心者(継続して所得の多い方)

・父母以外で児童を養育されている方

   *父母以外で養育されている場合は「申立書」が必要です。

・児童養護施設等の施設設置者

   *児童養護施設等に入所中の児童の手当は父母等ではなく、施設設置者が請求できます。

・里親

・未成年後見人

・父母指定者(父母が海外に居住しており、祖父母等が児童の面倒を見ている等の場合に、父母が祖父母などを請求者として指定した方)

 また、監護生計同一要件を満たしている者が複数いる場合は児童と同居している方が優先されます。(離婚協議中別居の場合に支給可能。単身赴任の場合は除きます。)

 

支給対象となる児童

0歳から中学校修了まで(0歳から15歳になった後の最初の3月31日まで)の児童

手当の月額

対象区分

児童手当の月額

3歳未満(一律)

15,000円

3歳以上

小学校修了前

第1子・2子 10,000円

第3子以降 15,000円

※18歳到達後の最初の年度末の児童から数えます

中学生(一律)

10,000円

所得制限超世帯

        5,000円(特例給付)

●所得制限

 受給者の所得が限度額以上の場合、手当の支給額が変わります。

扶養親族等の人数

所得限度額

0人

6,220,000円

1人

6,600,000円

2人

6,980,000円

3人

7,360,000円

4人

7,740,000円

5人

8,120,000円

 

支払時期

6月:2月分から5月分

10月:6月分から9月分

2月:10月分から1月分

現況届

   養育状況や所得の確認をするために、6月中に現況届の提出が必要となります。

   対象者には6月に用紙を郵送いたします。

申請手続

 子どもが生まれたときや上三川町に転入してきたときは「認定請求書」の提出が必要になります。 手当は原則として、認定請求のあった月の翌月分から支給されます(公務員の方は、勤務先での手続きになりますので、上三川町役場では申請できません)。

 【申請に必要なもの】

  1. 請求者の印鑑
  2. 請求者名義の預金通帳(口座番号等のわかるもの)
  3. 請求者本人の健康保険証の写し(国民年金加入者・年金未加入者の方は不要です)
  4. 個人番号(マイナンバー)がわかるもの(番号確認書類、身元確認書類の2種類) 

【番号確認書類】個人番号カード、通知カード、個人番号が記載された住民票の写し等

 ⇒請求者及び配偶者のもの

【身元確認書類】個人番号カード、運転免許証、パスポート等

 ⇒申請に来る人(請求者または代理人)のもの(※1)

 (※1)代理人(請求者以外の方)が申請する場合には、請求者からの委任状が必要です。

 →委任状はこちら

  1. 平成29年度(平成28年分)児童手当用所得証明書(※2)

(※2)平成29年1月2日以降に転入された方は必要になります。平成29年1月1日に住所登録をしていた市区町村役場で取得できます。

  1. 児童と別居している場合は、児童の属する世帯全員の住民票(続柄・本籍の記載があるもの)、児童の個人番号(マイナンバー)がわかるもの

   その他、状況に応じて必要書類があります。

その他手続き

次の事由に該当した場合、手続きが必要になります。

主な事由

必要な手続き
・支給対象の児童が増えた(減った)とき
額改定認定請求書・額改定届

・他市区町村に住所が変わったとき

(引き続き児童手当を受給する場合には、転出後の市区町村において、認定請求の手続きが必要です)

受給事由消滅届
・児童を養育しなくたったとき
・受給者が公務員になったとき
・受給者が公務員でなくなったとき
認定請求書

・受給者の住所が上三川町内で変わったとき

・児童の住所が変わったとき

・受給者または児童の氏名が変わったとき

変更届
・受給者と児童が別居になったとき
別居監護申立書
・実子以外の児童を養育するようになったとき
監護・生計維持申立書
・個人番号の登録、変更、消滅が必要となったとき
個人番号変更等申出書
・振込口座を変更したいとき
振込口座変更申請書

その他、状況に応じて手続きが必要な場合があります。

児童手当の寄附について

 次代の社会を担う児童の健やかな成長を支援したいという方に、児童手当の全部または一部を上三川町に寄附できる制度があります。申出は、希望する支払期月の前月15日までとなります。寄附を希望される方は、福祉課までお問い合わせください。

このページのトップへ