本文へ

ようこそ栃木県上三川町へ

ホームくらしの便利帳/健康・福祉子育て子ども手当

子ども手当(平成22年度)

更新日:平成23年4月1日

子ども手当は、次代の社会を担う子どもの健やかな育ちを社会全体で応援するという趣旨のもとに支給するものです。子ども手当を受給された方には、子ども手当の趣旨に従って、子ども手当を用いなければならない責務が法律上定められています。

支給対象者

中学校修了まで(満15歳以後の最初の3月31日までの間)の子どもを監護し、かつ、生計を同じくする方(父母等)が対象となります。

支給対象となる子ども

中学校修了まで(満15歳以後の最初の3月31日までの間)の子ども

手当の額

対象となる子ども1人につき、月額13,000円(平成22年度)

支払時期

6月:4月分から5月分

10月:6月分から9月分

2月:10月分から1月分

※平成23年2月分と3月分は平成23年6月に支払われます。

申請手続等

○3月31日現在、児童手当を受給されている方

本年3月まで児童手当を受給されている方は、基本的に、児童手当の支給対象児童について手続は必要ありません。ただし、新たに子ども手当の対象となる子ども(原則として中学2年生と中学3年生)がいらっしゃる場合には、「額改定認定請求書」の提出が必要となります。

(必要なもの)

・印かん

・その他、状況に応じて必要となる書類があります。

※「額改定請求書」は、9月30日までに提出してください。手当は4月分から増額されます。9月30日を過ぎると、満額の支給が受けられなくなりますので、ご注意ください。

○3月31日現在、児童手当を受給されていない方

児童手当を受給されていない方で、子ども手当の支給の対象となる中学修了前までの子どもを養育されている方が、子ども手当の支給を受けるためには、「認定請求書」の提出が必要となります。

(必要なもの)

・申請する方(保護者)の健康被保険者証の写し等

・金融機関口座の写し

・印かん

・その他、状況に応じて必要となる書類があります。

※「認定請求書」は、9月30日までに提出してください。手当は4月分から支給されます。9月30日を過ぎると、満額の支給が受けられなくなりますので、ご注意ください。

○4月1日以降、子どもが生まれた方や転入してきた方

子どもが生まれたときや上三川町に転入してきたときは、「認定請求書」(既に子ども手当を受給している兄弟がいる場合は「額改定認定請求書」)の提出が必要となります。原則として、請求のあった月の翌月分から手当が支給されます。

(必要なもの)

・申請する方(保護者)の健康被保険者証の写し等

・金融機関口座の写し

・印かん

・その他、状況に応じて必要となる書類があります。

※この場合、申請猶予期間(9月30日)の対象ではありませんので、お早めの申請をお願いします。

その他

受給者が次の事項に該当した場合、届出が必要となります。

その他、状況に応じて届けが必要な場合があります。

このページのトップへ