本文へ

ようこそ栃木県上三川町へ

ホームくらしの便利帳/健康・福祉健康みぎ結核予防週間

結核予防週間

更新日:平成29年9月25日

結核予防週間について

  結核についての正しい知識と予防の重要性について知識を深める週間のことです。

  毎年、9月24日〜9月30日が結核予防週間です。

結核とは?

 結核は結核菌という細菌が体内に入ることで発症する感染症です。
 主に肺の中で結核菌が増えることで肺が腫れてしまい、次第に肺が壊れて呼吸をする力が低下します。
 結核は昔の病気と思われがちですが、今でも全国で1日あたり50人以上の患者が発生している重大な感染症です。

結核の症状

 次のような症状が2週間以上続くときは、必ず医療機関で受診しましょう。                      

 ・咳が出る
 ・痰(たん)が出る(痰に血が混ざる)
 ・体がだるい
 ・微熱がある

どうやってうつるの?

 結核を発病している人が、咳やくしゃみをすると飛沫(しぶき)と共に結核菌が飛び散ります(排菌)。
 それを他の人が吸い込むことにより、結核に感染します(飛沫感染)。
 しかし、感染した人すべてが発病(感染した後、結核菌が活動しはじめて体の組織を冒していくこと)するわけではありません。
 感染した人が発病する確率は5%〜10%といわれています。

結核を予防するには?

 免疫力が低下しないように、栄養バランスのよい食事や十分な睡眠、適度な運動など規則正しい生活習慣を心がけましょう。
 また、年に1回は胸部X線検診(肺がん検診、結核検診)を受けることが大切です。

胸部X線検診(結核検診)を受診しましょう

 町では胸部X線検診を実施しています。詳しくは下記リンク先をご覧ください。
成人健康診査のお知らせ
※肺がん検診、結核検診を同時実施しています。
 肺がん検診対象年齢は40歳以上、結核検診対象年齢は65歳以上です。

このページのトップへ