本文へ

ようこそ栃木県上三川町へ

ホームくらしの便利帳/健康・福祉子育て保育所

保育所

更新日:平成29年8月10日

保育所

保育所(保育施設)とは、保護者の方が仕事や出産、病気等の理由により、保育の必要性があるお子さまを預かる児童福祉施設です。

保育の必要な事由

下記に挙げる保育が必要な家庭であることが保育施設入所の条件となります。

・就労のため(1ヶ月当たり60時間以上就労していること)。

・妊娠中であるか、または出産後間もないため(ただし、産休期間のみ)。

・保護者の疾病、障がいのため。

・同居の親族又は長期入院等をしている親族を常時介護・看護するため。

・震災・風水害・火災その他の災害復旧のため。

・求職活動(起業準備を含む)を継続的に行っているため。

・就学のため(職業訓練校等における職業訓練を含む)。

保育の必要性の認定について

平成27年4月から始まった子ども・子育て支援新制度により、特定教育・保育施設の利用希望する場合は、「保育の必要性の認定」が必要となります。

認定は下記の3区分となります。

認定区分 対象者 主な利用先

1号認定

(教育標準時間認定)

お子さまが満3歳以上で、保育を必要とせず、教育を希望する方

施設型給付の幼稚園(現在当町にはありません)

・認定こども園(現在当町にはありません)

2号認定

(保育時間認定)

お子さまが満3歳以上で、「保育の必要な事由」に該当し、保育施設での保育を希望する方

保育所

・認定こども園(現在当町にはありません)

3号認定

(保育時間認定)

お子さまが満3歳未満で、「保育の必要な事由」に該当し、保育施設での保育を希望する方

保育所

・認定こども園(現在当町にはありません)

2号認定、3号認定に該当した場合のみ、保育施設に入所申込みできます。

保育時間

「保育の必要な事由」や就労時間等により、利用可能な保育時間が区分されます。

A「保育標準時間」利用・・・フルタイム就労を想定した利用時間(最長11時間)

 ※月に120時間以上就労等の場合

B「保育短時間」利用・・・パートタイム就労を想定した利用時間(最長8時間)

 ※月に60時間以上120時間未満の場合

※通勤等でやむを得ない場合は、この限りではありません。

入所申込みの受付について

年度途中(毎年5月〜翌年3月)入所の受付は毎月行っています。入所希望の方は、入所申込書・しおり等書類の配布・説明をいたしますので、福祉課子ども・子育て係までお越しください。

○平成29年度 年度途中入所(平成29年5月〜平成30年3月)

入所したい月の前々月25日(休日の場合、その翌日)から前月15日(休日の場合、その前日)(土・日・祝日を除く)

※10月入所、1月入所は前月14日までとなります。

午前8時30分〜午後5時15分(正午〜午後1時を除く)

○平成29年4月入所についてはこちら ※受付終了しました。

町内保育施設の所在地・定員

保育施設名 所在地 電話番号 定員
大山保育所 大字大山558 53-0193 90人
上三川保育園 大字上三川2863-2 38-8760 90人
上三川幼児園 大字上三川3209 56-2171 90人
あけぼし保育園 大字上三川4940 56-7973 90人
蓼沼保育園 大字東蓼沼632-2 56-2210 90人
ふざかしおひさま保育園 大字西汗1698-11 55-0028 80人
ふざかしおひさま保育園分園 大字西汗1582-1 38-7255 20人
トータスキッズ(事業所内保育所) 大字下神主249-1 52-1000 5人※

※トータスキッズの定員は、地域枠・従業員枠の合計数となります。

※施設の見学は、各保育施設にお問い合わせください。

町内保育施設の空き状況(毎月10日頃更新)

町内保育施設の空き状況はこちら

一時保育

ふざかしおひさま保育園分園(1歳3ヶ月〜)、上三川保育園(1歳6ヶ月〜)にて実施しています。

詳細は各保育施設にお問い合わせください。

保育施設利用者負担額

保育施設利用者負担額(保育料)は、お子さんの認定区分、年齢、父母等の町民税所得割額(合計)をもとに算出します。

○4月〜8月分の利用者負担額:前年度分の町民税所得割額

○9月〜3月分の利用者負担額:当該年度分の町民税所得割額

利用者負担額 基準額表

在園中の方へ

下記のような場合には速やかに届出をお願いいたします。

○保育施設を退所する場合

保育施設退所申出書兼支給認定取消申出書を福祉課子ども・子育て係にご提出ください。

○転職した場合

転職した方の勤務証明書(自営業就労申立書)を福祉課子ども・子育て係にご提出ください。

○仕事を辞めた場合

 ・求職活動を行う場合

求職活動申立書支給認定申請書兼施設利用申込書求職活動を証明する公的な書類(ハローワークカード等)を福祉課子ども・子育て係にご提出ください。

 ・求職活動を行わない場合

「保育の必要な事由」に該当しない場合は、退職した月の月末で退所となります。

保育施設退所申出書兼支給認定取消申出書を福祉課子ども・子育て係にご提出ください。

 

このページのトップへ