本文へ

ようこそ栃木県上三川町へ

ホームくらしの便利帳/環境畜犬登録

畜犬登録

更新日:平成29年4月14日

子犬

犬を飼っている人が必要な届出

犬を飼うとき

生後91日以上の犬は、生涯に1度の登録が義務づけられています。役場住民生活課窓口へ申請してください。

登録の際に交付される鑑札は、首輪等につけてください。

登録手数料 3,000円

登録内容の変更があったとき

飼い主の住所や氏名等が変わったときは、役場住民生活課窓口へ届出をしてください。

町外から転入する場合

古い鑑札をお持ちいただき、転入の手続きを行ってください。新しい鑑札と交換いたします。

町外へ転出する場合

転出先の市町村で、住所変更等の手続きを行ってください。

犬が死亡したとき

登録した犬が死亡したときは、速やかに、役場住民生活課窓口へ鑑札を添えて届出をしてください。

狂犬病予防注射

犬を飼っている人は、飼い犬に毎年1回の狂犬病予防注射を受けさせることが、法律により義務づけられています。後述の集合注射や動物病院などで注射を受けることができます。注射済みの犬に交付される注射済票は、首輪等につけてください。

済票交付手数料550円

集合注射

毎年自治会公民館等で集合注射を実施しています。登録犬の飼い主へ集合注射の案内ハガキが届きますので、ハガキを持って最寄りの会場で注射を受けてください。
また、広報かみのかわで日程をお知らせします。

平成29年度の狂犬病予防注射の受け方・日程についてはこちらをご覧ください。

集合注射代金3,500円(注射代金 2,950円+済票交付手数料 550円)

犬正しい犬の飼い方

  • フンの後始末をしましょう

散歩中のフンは飼主が必ず持ち帰りましょう。これは最低限のマナーです。また、散歩中に排泄する習慣はしつけによって変えられます。

  • 放し飼いはやめましょう

犬の放し飼いは法律で禁止されています。必ず首輪をつけてつないでおき、散歩の際もリード・引き綱をつけて放さないようにしましょう。

  • 鑑札と注射済票

「犬鑑札」と「狂犬病予防注射済票」は首輪につけましょう。迷子札の代わりになります。

  • 捨てないで

犬を捨てる行為は犯罪です(100万円以下の罰金)。飼う場合は、最後まで責任をもって飼いましょう。

  • 不妊・去勢手術のすすめ

犬を繁殖させたくない場合は不妊・去勢手術をおすすめします。

  • 無責任なエサやりの禁止

無責任なエサやりは、不幸な命が増える原因となります。飼わない場合は、安易にエサを与えないでください。

 問い合わせ先

住民生活課生活環境係  電話番号:0285-56-9131

動物に関する相談

  • 飼えなくなった犬と猫の引き取り依頼について
  • 負傷した犬と猫の保護について
  • 咬傷事故について

 問い合わせ先

 栃木県動物愛護指導センター  電話番号:028-684-5458

このページのトップへ