本文へ

ようこそ栃木県上三川町へ

ホーム新着情報 →微小粒子状物質(PM2.5)について

微小粒子状物質(PM2.5)について

更新日:平成25年2月28日

微小粒子状物質(PM2.5)について

中国において、大気汚染が社会問題化しており、日本への影響も懸念されています。この大気汚染の主要成分は微小粒子状物質(PM2.5)と言われています。
PM2.5とは、直径2.5マイクロメートル以下の微粒子のことで、車や工場の排ガスに含まれ、吸い込むと、ぜんそくや肺がんなど人への影響が懸念されています。

栃木県では、PM2.5を24時間連続で測定しており、「とちぎの青空」にてリアルタイムに公表しています。

関連リンク:環境省の大気環境のページ

このページのトップへ