本文へ

ようこそ栃木県上三川町へ

ホームくらしの便利帳/環境猫の飼い方

猫の飼い方のススメ

更新日:平成26年11月20日

猫を飼うとき

猫は犬と違い、登録の義務付けもありませんし、リード等で繋がなければならないわけでもありません。しかし、猫の生態を理解した上での飼い主さんの最大限の努力が、周囲とのトラブルを避けることにも繋がり、猫との生活を実りあるものにすると思います。

飼い主の方へ(別紙)

無責任なエサやりの禁止

無責任なエサやりは、“不幸な命”が増える原因となります。飼わない場合は、安易にエサを与えないでください。

捨てないで

動物を捨てる行為は犯罪です(100万円以下の罰金)。

飼う場合は、最後まで責任をもって飼いましょう。

終生飼育

愛する動物の最期の瞬間まで一緒に暮らすことができますか?最後まで責任を持って飼いましょう。

室内飼いをおすすめします

飼主が十分なエサと、安全でストレスが発散できるような環境を整えれば、猫は室内で暮らせる動物です。また室内飼いは、周囲に迷惑をかけないばかりではなく、感染症や交通事故、迷子などから愛猫を守るなど多くの利点があります。 neko01

※屋外で飼養するときには、頻繁な鳴き声やふん尿により周辺住民に迷惑をかけないようにしましょう。

室内飼育のすすめ(別紙)

避妊・去勢手術をおすすめします

猫は年に2、3回出産し(一度の出産で4〜6匹の子を産むといわれます)、すぐに増えてしまいます。 避妊・去勢手術をして、望まない繁殖による"不幸な命"が増えることを防ぎましょう。 また、雄の場合は、マーキングのにおいが薄くなり、性格も少しおとなしくなります。neko02

猫が庭などに入らないようにする方法

猫の糞や足跡などでお困りの方は、町内にたくさんいらっしゃると思います。しかしながら、猫は犬と違い、所有者の有無を確認することが難しく、行政で捕獲することは、難しいのが現状です。 そのため、猫被害を軽減・解消するには猫の特性を理解し、対応していただく必要があります。 猫が、特定の場所で糞や尿をするのは、猫にとって快適な場所だからです。そのため、猫が来ないようにするには、その環境に変化を与えることが必要です。

快適な場所とは・・・

・人の出入りが少ない

・番犬がいない

・静か

・やわらかい土・砂・芝生がある

・餌がある

しかし、実際上記の変化を与えることは容易ではありません。そこで比較的効果があるといわれる方法がありますので、下記のリンクをご参照ください。

 猫が庭に入らない方法(別紙)

※個体差もあり、必ず効果があるわけではありません。また、猫が効果になれてしまう場合もあります。

動物に関する相談

  • 負傷した犬と猫の保護について
  • 咬傷事故について

問い合わせ先…栃木県動物愛護指導センター

電話番号:028-684-5458

このページのトップへ