本文へ

ようこそ栃木県上三川町へ

ホームくらしの便利帳/環境 ごみに関すること 平成22年4月1日より、「プラスチック製容器包装」「白色トレイ」の分別収集を開始します!

「プラスチック製容器包装」「白色トレイ」の分別収集を開始しました!

更新日:平成23年1月4日

平成22年4月よりプラスチック製容器包装と白色トレイの分別収集がはじまりました。

プラスチック製容器包装のマーク

ごみの減量化と資源の有効利用のため、現在「燃やせるごみ(焼却ごみ)」として出されている「プラスチック製容器包装」や「白色トレイ」を分別収集します。

容器包装とは?

商品の入れもの(容器)、つつむもの(包装)で、中身の商品を取り出した(使った)後に不要となるもののことです。

例えば、「卵のパック」「お菓子の入っていた袋」「コンビニエンスストアの使い捨てのお弁当箱」などは「容器包装」です。

 

なぜプラスチック製容器包装を分別するの?

ごみの減量を図ります

これまで燃やせるごみとして出していたものをリサイクルすることで、限りある貴重な資源をリサイクルします。

また、焼却量が減ることで、燃やせるごみ処理施設の延命にも繋がります。

 

温室効果ガスの削減を図ります

燃やさずにリサイクルするため、主に二酸化炭素の削減に繋がります。

 

どのようなものにリサイクルされるの?

次のようなプラスチック製品にリサイクルされます。

例)

流通業などで使うパレット

公園などのベンチや杭

花を植えるプランター・・・など

また、鉄・化学製品を作る工場で、その原料としてもリサイクルされます。

 

リンク集

プラスチック製容器包装についてもっと詳しく調べたい方は、下記のリンク先をご覧ください。

(リンク先は各団体のホームページになります)

財団法人日本容器包装リサイクル協会

http://www.jcpra.or.jp/

プラスチック容器包装リサイクル推進協議会

http://www.pprc.gr.jp/

 

 

このページのトップへ