本文へ

ようこそ栃木県上三川町へ

ホーム くらしの便利帳/保険 後期高齢者医療保険制度入院のときの食事代

国民健康保険後期高齢者医療【入院のときの食事代】

更新日:平成28年4月1日

入院したときは、医療費のほか食事代を支払います。また、療養病床に入院する人は、介護保険で入院している人との負担の均衡を図るため、介護保険と同額の食費、居住費を負担していただくことになります。

ただし、低所得者T、低所得者Uに該当される人が入院する場合、「限度額適用・標準負担額減額認定証」を医療機関に提示することにより、医療費の自己負担限度額、食事代が減額されますので、入院される場合は必ず交付の申請をしてください

入院時の食事代の標準負担額(1食あたり)

現役並み所得者、一般

360円

指定難病患者(下記以外の方) 260円

低所得者U

90日までの入院 210円
90日を越える入院(過去12ヶ月の入院日数) 160円
低所得者T 100円

 

療養病床に入院する場合の食費、居住

所得区分 1食あたりの食費

1日あたりの居住費

現役並み所得者、一般 460円 320円
低所得者U 210円 320円
低所得者T 130円 320円
老齢福祉年金受給者 100円

0円

 

※入院の限度額については、「医療費が高額になったとき」の表をご覧ください。

 

このページのトップへ