本文へ

ようこそ栃木県上三川町へ

ホームくらしの便利帳/くらし国民健康保険国民健康保険等の申請について

国民健康保険等の申請について

更新日:平成29年4月1日

国民健康保険療養費支給

国民健康保険療養費支給

次の場合は、医療費をいったん全額自己負担していただきますが、申請により認められた場合は、国民健康保険の負担分が後に支給されます。

こんなとき
手続きに必要なもの
 急病などで、やむを得ず保険証を持たずに診療を受けたとき
 診療内容の明細書、領収書、保険証、印かん、世帯主の通帳
 医師か必要と認めた手術などで生血を輸血したとき
 医師の診断書か意見書、輸血用生血液受領証明書、血液提供者の領収書、保険証、印かん、世帯主の通帳

医師が必要と認めて、コルセットなどの療用補装具を購入したとき

 医師の診断書か意見書、領収書、保険証、いんかん、世帯主の通帳

骨折やねんざなどで国保を扱っていない柔道整復師の施術を受けたとき

明細がわかる領収書、保険証、印かん、世帯主の通帳

医師が必要と認め、はり・灸・マッサージなどの施術を受けたとき

 医師の同意書、明細のわかる領収書、保険証、印かん、世帯主の通帳

対象となる人

上三川町国民健康保険被保険者です。

このページのトップへ

人間ドック、脳ドックの助成

人間ドック、脳ドックの助成について

上三川町国民健康被保険者の健康の保持増進を図るため人間ドック又は脳ドックを受けた被保険者に対し助成金を支給します。助成を希望する方は、検診を受ける前に申請が必要です。検診の日程が決まりましたら保険課で申請をしてください。

対象となる人

次の全てに該当する人です。

 ・検診日に上三川町国民健康保険被保険者で30歳以上75歳未満であること (75歳以上の方はこちら

 ・納期が到来している国民健康保険税を完納している世帯であること

 ・同一年度内に町の特定健康診査を受けていない又は受ける予定がないこと

 (※重複で受検した場合は、助成金を返還していただきます)

助成額

人間(脳)ドック費用(消費税を除く、1千円未満の端数を切り捨て)

ただし、日帰りが28,000円、宿泊が43,000円が上限です。

 

医療機関

町と契約している医療機関と、契約外の医療機関のどちらでも助成を受けられます。

@契約医療機関 : 人間ドック費用から助成金を引いた額で受検できます。

 ・自治医科大学健診センター

 ・済生会宇都宮病院健診センター

 ・宇都宮記念病院総合健診センター

 ・石橋総合病院

 ・佐々木記念クリニック

A契約外医療機関 : 人間ドック費用を全額お支払い後、町への請求により助成金をお支払いします。

申請の手続き

 【自治医科大学健診センター ・済生会宇都宮病院健診センター ・宇都宮記念病院総合健診センター

   ・石橋総合病院 ・佐々木記念クリニック の場合】(契約医療機関)

1.人間(脳)ドックを受検する医療機関に、ご自分で予約をしてください。 

2.保険課で助成金交付申請の手続きをしてください。(受検日の1週間前までにお願いします。)

3.検診券の受け取り(検診券は、検診日の概ね1週間前までに自宅へ郵送します。)

4.人間(脳)ドック受検。検診券を医療機関窓口に提出してください。

5.費用から助成金を引いた額をお支払いいただき終了です。

 

 【上記の医療機関以外の場合】

1.人間(脳)ドックを受検する医療機関に、ご自分で予約をしてください。 

2.保険課で助成金交付申請の手続きをしてください。(受検日の1週間前までにお願いします。)

3.人間(脳)ドック受検 

4.医療機関窓口で費用全額をお支払いし、領収書をもらってください。

5.医療機関から検査結果を受け取ります。

6.保険課で助成金交付請求の手続きをしてください。

   (領収書、検査結果、印鑑を持参ください。また、振込先の口座を控えてきてください。)

7.ご指定の口座に助成金をお振込みいたします。

 

※ 申請受付は、原則その年度の4月1日から開始します。

   ただし、受検日が4月上旬を予定している方は、別途ご案内いたしますので、保険課へお問い合わせください。  

 

 

このページのトップへ

 

国民健康保険高額療養費支給

高額療養費支給の目的

上三川町国民健康保険被保険者が医療機関で支払った費用が高額となったとき、自己負担限度額を超えた額を支給します。

対象となる人

上三川町国民健康保険被保険者であって月額の自己負担限度額が超えた場合です。

申請の手続き

◇高額療養費の支給対象となった方に、「高額療養費支給申請のご案内」が診療月から約3ヶ月後を目途に送付されます。

 ご案内が届きましたら、医療機関の領収書を添えて保険課窓口に申請してください。

 

このページのトップへ

国民健康保険限度額適用・標準負担額減額認定申請

国民健康保険限度額適用・標準負担額減額認定申請の目的

保険証といっしょに医療機関等の窓口で提示していただくことで、窓口での支払が自己負担限度額までとなります。

対象となる人

    次のいずれかに該当する方です。(※)

    ○就学後69歳までの上三川町国民健康保険被保険者の人

    ○70歳〜74歳までの上三川町国民健康保険被保険者で世帯主と世帯内の被保険者全員が住民税非課税の人

※国民健康保険税に未納があると、証の交付が出来ません。

申請の手続き

   申請書に必要事項を記入して申請してください。

持ち物

   保険証、印かん

 

このページのトップへ

 

このページのトップへ